今年もまた花粉症の季節である。うっとうしいこと限りない。目も鼻もかゆい。のどもかゆい。耐えがたい苦しさである。花といえばサクラというのが日本人の常識であろうが、花粉症患者にとっては、花といえばスギの花とその花粉である。花粉症患者にとって、まったくもって春は憂鬱な季節だ。

 この時期になると毎年思い出すのは、19世紀ロシアの詩人プーシキンの詩の一節だ。それは、「秋(断章)」という詩の第2連である。詩人は、秋の素晴らしさを語りながら、春については嫌悪感をあからさまに示している。

「いまがわたしの季節 - わたしは春をこのまない。雪解けに心はふさぐ。むかつく臭い、深いぬかるみ - 春にわたしは病む。血が駆けめぐり 心も思いもおしつけられる。むしろわたしはきびしい冬を 冬の雪をなつかしむ。あなたが月のひかりのもとに いとしい人とただふたりで 思いのままに軽いそりを飛ばせてゆくとき あなたの友はてんの毛皮に身をつつみ 若い頬をほてらせて 燃えつつふるえつつ あなたの手を握るだろう。」
(出所:『プーシキン詩集』、金子幸彦訳、岩波文庫)

 

 詩人は花粉症に苦しんでいるわけではないが、「わたしは春をこのまない」と明言している。春は必ずしも万人にとってすばらしい季節というわけではない。

 日本では詩人のプーシキンはそれほど有名ではないが、詩人の名前を冠した美術館は比較的知られているかもしれない。それはモスクワにあるプーシキン美術館のことだ。プーシキン美術館は、ロシアではサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館についで規模の大きな美術館だ。私も訪れたことがあるが、フランス印象派のコレクションでは世界有数の存在である。ちょうど今年(2018年)4月から東京都美術館で『プーシキン美術館展-旅するフランス風景画』という美術展が開催されるので、フランス絵画が好きな人は足を運んでみてはいかがだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

詩人プーシキンが生きた監視国家体制のロシア

 ここでプーシキンが生きた時代を説明しよう。

 アレクサンドル・セルゲーヴィッチ・プーシキン(1799〜1837)は、ロシアの国民詩人で小説家、近代ロシア文学の基礎をつくった人物だ。文豪ドストエフスキーが、「われわれはすべてプーシキンから出発している」と述べているほどの存在だ。

『アレクサンドル・プーシキンの肖像画』(キプレンスキー作、1827年、トレチャコフ美術館所蔵)(出所:)


 代表作は韻文小説の『エヴゲーニー・オネーギン』。19世紀後半にはチャイコフスキー作曲のオペラ作品になっており、20世紀後半にはバレエの演目となり、20世紀末には『オネーギンの恋文』(日本公開時のタイトル)として英国で映画化もされている。21世紀になってからは、宝塚歌劇団のミュージカルの演目にもなっている。

 最期は決闘で銃弾に斃れた。37歳の短い生涯は、厳しい専制政治の時代に生きた表現者の苦悩を体現しているといえる。

 プーシキンが生きたのは、欧州を撹乱した「ナポレオン戦争」の終結後に一時的に自由が実現したが、その反動として専制政治が強まっていった時代であった。フランス革命の影響を受けた貴族階級の青年将校たちによる「デカブリストの乱」(1825年)が、ニコライ1世の即位直後に鎮圧され、専制政治が強化されることになる。

 専制政治は、監視国家体制と言い換えてもいい。ニコライ1世の専制政治のもと、反乱鎮圧後の1825年には「検閲法」が導入され、その翌年の1826年には悪名高い「皇帝官房第三部」が設置された。政治秘密警察組織のことである。

 プーシキンもまた、作品のすべてが検閲対象となっただけでなく、「皇帝官房第三部」の監視対象となる。「デカブリストの乱」に参加した青年貴族たちと交友関係にあったからだ。プーシキンの作品の数々は、息の詰まるような言論抑圧と監視体制のもとで、その反発として書かれたのである。

 その後、「皇帝官房第三部」は、ロシア帝国の版図すべてにわたって国民を監視する装置として効率的かつ効果的に機能することになる。だが、息が詰まるような過度な抑圧体制がさらなる反発を呼び、さまざなま反政府運動を生み出すことになった。空想的社会主義サークルのメンバーになっていた若き日のドストエフスキーもまたその1人だ。ドストエフスキーはプーシキンの死から12年後の1849年に逮捕され、死刑宣告を受けたが、ニコライ1世による特赦で釈放され、シベリア流刑となった。

 ニコライ1世はインフルエンザにかかって1855年に病死する。皇位を継いだアレクサンドル2世は、1881年に反体制のテロ組織「人民の意志」の党員によって暗殺されている。テロリストが投げた手投げ弾によって爆殺されたのである。

 これ以後、ロシア帝国の専制政治体制への反発は、テロによって血塗られたものとなっていく。第1次世界大戦中の1917年に「ロシア革命」によって帝政に終止符が打たれたが、最後の皇帝ニコライ2世とその一家は革命指導者レーニンの命令で虐殺されている。

 ソ連体制にもとにおいても、独裁者スターリンによる1930年代の「大虐殺」や、1940年代から50年代にかけての日本人将兵の捕虜も含めた収容所における強制労働など、ロシアの歴史は専制政治の歴史そのものといっても言い過ぎではない。ソ連時代も一貫してKGB(国家保安委員会)という情報機関と秘密警察による監視国家体制が続いていた。

「東洋的専制国家」の中国とロシア

 詩人プーシキンの時代から約200年後の現在を見てみよう。

 つい先日の2018年3月18日、ロシア共和国で行われた大統領選挙で現職のプーチン大統領が7割以上の圧倒的得票率で再選され、4期目に入ることになった。2000年に大統領就任以来、任期満了の2024年まで、約四半世紀にわたってロシアに君臨することになる。現在65歳のプーチン氏は、2024年には71歳になる。

 プーチン大統領が、ソ連崩壊までKGB将校として旧東ドイツのドレスデンに駐在していたこと、ソ連時代のKGBの後身組織が現在のFSBであることは周知の事実である。元スパイのプーチン大統領にとって国民監視はお手の物と言ってよいだろう。国民監視体制はロシア政治のトップに立つ者にとって切っても切れない存在にある。いや、ロシア帝国以来のものというべきか。

 その1週間前の3月11日、中国共産党は「全人代」(=全国人民代表大会)で国家主席の任期制限を撤廃する「憲法改正」を承認した。これにより、習近平氏は、生きている限り国家主席の座にとどまることになる。現在64歳の習近平氏は、プーチン氏とは1歳違いだ。

 ともに帝国崩壊から100年後となるが、プーチンも習近平も現代の「皇帝」になぞらえられるのは、ある意味では不思議なことではない。

 ロシアと中国がよく似た体制であることは、「東洋的専制国家」という概念を補助線として引いてみると理解できる(ロシアはウラル山脈を境に西洋と東洋の双方にまたがるユーラシア国家である)。

「東洋的専制国家」について、 『「東洋的専制主義」論の今日性-還ってきたウィットフォーゲル-』(湯浅赳男、新評論、2007)を参考にしながら簡単に解説しておこう。

 ユダヤ系ドイツ人で元共産党員であったウィットフォーゲルは、その主著『オリエンタル・デスポティズム』(東洋的専制主義)で、水利社会論から中国社会の本質を解明している。

「水の管理」という観点から「文明と風土の関係」を考えると、遊牧・牧畜・天水農法・灌漑農法に区分されるが、灌漑農法のもとにおいては大規模な土木工事を伴う治水が必要になる。そのためには官僚制による管理が不可欠だ。その典型が中国であった。大河川の治水が、東洋的な儒教官僚による中央集権的な専制政治を完成させたのである。

 一方、ロシアは生態系(エコシステム)の観点からは中国と異なるが、13世紀半ばから15世紀末までの長い年月にわたってモンゴル系のキプチャク汗国の支配下にあり、その体制のもとで東洋的な統治方法が積極的に導入され、植え付けられた。

 この時代のことを、ロシア史では「タタールのくびき」といって否定的に見なしているが、モンゴルによる支配下の時代に「東洋的専制主義」が根付いたというウィットフォーゲルの議論は説得力がある。西欧では失敗した共産主義が、ロシアと中国においてのみ成功したことも、「東洋的専制国家」の共通性を証明しているといえよう。

 このように歴史的に形成された個性は、政治制度においても簡単には変化しないものである。つい先日、英国で元ロシア人亡命スパイの親子が暗殺された。反体制的な報道を行っていたジャーナリストが暗殺された事件もあった。中国でも、チベットやウイグルで民族弾圧が実行されているだけでなく、香港の書店主が誘拐されるなど、人権抑圧状況が常態化している。西欧や日本とは、異なる価値観が中国とロシアに存在することは否定できない現実だ。

中国とロシアの利害は必ずしも一致していない

 そんな中国とロシアは、インターネットの管理に関して「米国のくびき」から脱しようと、独自のシステムでクローズドな世界の構築に注力してきた。中国の場合は、ほぼ完全に成功したといってよいだろう。

 さらにAI(人工知能)を活用した顔認証技術においては、中国が世界最先端の監視技術を実用化し、警察が治安維持活動において監視カメラの技術とクラウド技術を応用したスマートグラスで監視活動を行っているという(参考:「中国の最先端AIが作り出す戦慄の未来社会」、野口悠紀雄)

 このように中国がロシアを差し置いて技術面では突出した状況にあることは、グーグル元CEOのエリック・シュミット氏による「中国は5年で米国に追いつくだろう」という趣旨の発言にも見て取れる通りだ。

 すでに中国のGDPは日本の2.5倍となっているが、中国とロシアを比べるとその差は想像以上に開いている。中国のGDPは、なんとロシアの8.8倍に達している(2016年時点)。

 中国とロシアはよく盟友とみなされる。しかし差は開く一方であり、もはや対等のパートナーとは言い難い。しかも、ロシアは日本と同様に人口減少に悩んでいる。国土の大きさを考えれば、ロシアはあまりにも人口が少なすぎる。南北で長大な国境線で接している中国からの圧迫感は想像以上のものがあるといっていいだろう。

 両国には「東洋的専制国家」という共通性があるが、その本家本元の中国に対して、ロシアは西洋と東洋にまたがるユーラシア国家であり、中国とロシアの利害が一致しているわけでもない。中国共産党による実質的に一党独裁の中国と比べると、ソ連崩壊後のロシアでは選挙が実施されるだけ、まだましだという気がしないでもない。

 近年のロシアは、フェイクニュースやハッキングといった米国や西欧諸国など自由主義世界に対する各種の撹乱工作を積極的に推進しており、米英のメディアにおいては「邪悪な存在」扱いを受けている。基本的に英語メディアの後追いをしている日本のニュース報道も似たようなものだ。

 だが、日本としてはロシアをあまり追い詰めない方がいい。なぜなら、ロシアと中国はかならずしも利害関係が一致しないからだ。そこに「くさび」を打ち込むことは、ロシアに対する好き嫌いを超えて、日本のサバイバルにとって不可欠である。

 専制政治の下であったとはいえ、プーシキンやドストエフスキーといった世界文学を生み出してきたロシアである。プーシキン美術館やエルミタージュ美術館といった世界的な美術館をもつロシアである。伝統的に日本ではロシア文学やバレエなどの芸術が愛好されてきた。是々非々のつきあいが、ロシアに対しては必要であろう。

筆者:佐藤 けんいち