ライバルに対して苦戦していた現行5代目のテコ入れの成果は?(写真:Honda Media Website)

ホンダ「ステップワゴン」。2015年4月に登場した現行型ではや5世代目となるわけだが、思えばこのクルマは、これまでなかなかドラスティックな変化を遂げてきたものだ。

日本のワンボックスの主流を覆すデザインだった

22年前に登場するや大ヒット。それまでの日本のワンボックス(1BOX)車は、エンジンを座席の下に置いて後輪駆動とする「キャブオーバー」と呼ばれるタイプが主流だった。対して初代ステップワゴンは、ワンボックス車のように四隅まで切り立った車体形状を維持しながらも、車体前部(フロント)にエンジンを配置して前輪を駆動する「FF(フロントエンジン・フロントドライブ)」方式の採用により実現した低いフロアと広大な車内空間が受けて大いに人気を博し、その後のホンダの躍進を支える車種の1つとなった。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

箱型ミニバン人気の火付け役となった初代から2代目にかけてはキープコンセプトだったところ、3代目ではいきなり「低床」と「低全高」を前面に打ち出して走行性能の高さをアピールした。デザインもガラリと変わったかと思えば、4代目では車高を再び高めて普遍的なミニバンに回帰した。

ところが現行の5代目はかつてない特徴的なスタイリングとなり、さらには「わくわくゲート」のように独創的なアイデアまで盛り込んだチャレンジングなミニバンになったのは、「ホンダ『ステップワゴン』大胆変身に託す真意」(2015年6月16日配信)でもお伝えしたとおりだ。

そんな歴代ステップワゴンの販売台数を振り返ってみよう

初代(1996年5月〜2001年3月)―― 47万9533台(8127台/月)
2代目(2001年4月〜2005年4月)―― 29万1946台(5958台/月)
3代目(2005年5月〜2009年9月)―― 26万9332台(5081台/月)
4代目(2009年10月〜2015年3月)―― 32万5056台(4925台/月)

そして5代目(2015年4月〜)は2018年2月末時点で累計15万6172台、月販平均4593台だ。数字を見ると、いかに初代が売れたかをあらためて思い知るわけだが、代を重ねるごとに右肩下がりなのが気になるところ。とりわけ現行型がやや苦戦しているのは事実だ。


2016年9月にモデルチェンジした、ホンダ「フリード」(撮影:今井康一)

当初は月販目標台数の5000台を超える月もあったものの、いささか勢いがなく、弟分の「フリード」が2016年9月にモデルチェンジし、月販目標の6000台をコンスタントに大幅に上回る勢いを見せる一方でステップワゴンは落ち込み、大幅値引きでなんとかフリードにもっていかれるところを食い止めているような状況だった。

競合車はどうだろうか? 2017年の暦年の販売台数は、トヨタ自動車の「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」3兄弟は合計で18万8711台、日産自動車「セレナ」は10〜11月に出荷停止だったものの8万4433台。参考までに弟分のフリードは10万4405台という中で、ステップワゴンは4万6457台にとどまった。

ただし、同年9月のマイナーチェンジ以降、状況は好転している。年半ばには3000台を切る状態となっていたところ、9月以降は大幅に伸ばして月販目標の5000台前後まで挽回した。

今回のマイナーチェンジが販売増につながった要因は大きく2つ挙げられるが、1つは言うまでもなくデザインだ。

メッキの使用をあえて控え、時間耐久性のあるシンプルなフェイスとしたという現行初期型だったが、特徴的なサイドやリアに対し、フロントはやや弱い印象もなくはなかった。それが今回のマイナーチェンジで今どきのミニバンのトレンドに即した押し出し感のあるフェイスになった。

実際にもユーザー調査によると購入理由の1位がフロントデザインとなっており、特に従来型のユーザーから好評で、多くの代替につながったという。

待ったかいがあったハイブリッド車

もう1つはハイブリッドの追加だ。

そのうち出ると言われていて、ようやくそのときが来たわけだが、ホンダとしてもハイブリッドの販売比率は30%いくかどうかと見込まれていたところ、これまで高い月では半分近くにも達し、現状は平均で40%超と高く推移し、一部バックオーダーを抱えているほどとなっているという。やはりハイブリッドの追加がステップワゴンにとって強力なカンフル剤になったことには違いない。

ホンダは搭載するクルマの性格や車格に合わせて3タイプのハイブリッドシステムを用意しており、ステップワゴンに与えられたのは弟分のフリードとは異なり上級の「オデッセイ」と共通の2モーターによる「i-MMD」というシステムとなる。

もともと「アコード」から設定されているi-MMDがオデッセイに設定されてから2年ほど経過しており、ステップワゴンに搭載するにあたって、それなりに時間を要したわけだが、そのぶん仕上がりはなかなかのもので、動力性能はかなり力強く、それでいて燃費も良好だ。加えて静粛性にも優れ、ガソリン車に対して表に出ない部分でもあれやこれやと差別化されており、全体としてガソリン車よりもずっと上質な乗り味に仕上がっていることは乗ると明らか。ハイブリッドを待っていた人にとっては、まさしく待ったかいがあったといえそうだ。

購入者からの評判も上々で、走りと燃費のよさに加えて、静粛性や走り出しの加速感などが高く評価されているという。

価格についても、ガソリン車に対してはそれなりに高いものの、くだんの走りと経済性、先進運転支援システムや充実した装備などを考えると、トータルで見ると高くないといった声や、ハイブリッドがメディアでもポジティブに報じられたことで、販売の現場でも購入者から評判どおりとの声が多く聞かれるようだ。

他社にも身内にも競合相手がいる状況

ちなみにハイブリッドはステップワゴンのスポーティモデルである「スパーダ」のみの設定であり、スパーダの販売比率もガソリンのみだったマイナーチェンジ前でも8割超だったところ、マイナーチェンジ後は9割を超えている。もはやステップワゴンは、スパーダのみでもよいのではないかと思うほどだ。


日産自動車のミニバン「セレナ e-POWER」(撮影:尾形文繁)

折しも三つどもえのMクラスミニバンは、ステップワゴンの少し前にトヨタの3兄弟もマイナーチェンジを実施し、販売をさらに上積みしたばかり。一方のセレナも例の騒動も一段落したところで、晴れて「e-POWER」という強力な武器を得た。そんな強力なライバルだけでなく、フリードという身内とも戦わなければならないのがステップワゴンである。

ステップワゴンをメインで検討していたものの、販売店でステップワゴンのついでにフリードを見て、これで十分と思って購入にいたる人も少なくないとか。その逆はあまりないようだが。

一方のトヨタにもシエンタというミニバンのエントリーモデルがあるが、3兄弟とはポジショニングがだいぶ違うのに対し、ステップワゴンとフリードはかなりキャラがかぶる。実際に、ステップワゴンのマイナーチェンジ以降はフリードの販売がやや下がっている。やはりステップワゴンとフリードの販売の動向はお互いに密接な関係があることには違いない。

ひとまずステップワゴンのテコ入れは成功したといえる。日産セレナが出荷停止となっていた昨年11月にはノアを抜いてカテゴリー2位に浮上し、ミドルクラスのミニバンの中で再び存在感を示すことができたのは、ホンダにとっても大きな励みになっているだろう。