角田和将(つのだ・かずまさ)  Exイントレ協会 代表理事  高校時代、国語の偏差値はどんなにがんばっても40台。本を読むことが嫌いだったが、借金を返済するため投資の勉強をはじめる。そこで500ページを超える課題図書を読まざるを得ない状況になり、速読をスタート。開始から8ヵ月目に日本速脳速読協会主催の速読甲子園で銀賞(準優勝)、翌月に開催された特別優秀賞決定戦で速読甲子園優勝者を下して優秀賞(1位)を獲得。日本一となり、その後独立。速読を通じて、本を最大限に活かし、時間の量と質を変えることの大切さを教えるため、国内外を飛び回っている。  セミナー講演では医師、パイロット、エンジニアなどの専門職から経営者、会社員、主婦と、幅広い層の指導にあたり、95%以上の高い再現性を実現している。  大企業から学習塾など、さまざまな分野での研修も実施しており、ビジネスへの活用、合格率アップなどにつながる速読の指導は好評を博している。  教室に通う受講生の読書速度向上の平均は3倍以上で、「1日で16冊読めるようになった」「半月で30冊読めるようになった」「半年間で500冊読めるようになった」など、ワンランク上を目指す速読指導も行っている。  著書に、『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』(ダイヤモンド社)などがある。

写真拡大

速く読めて覚えられる――そんな夢のような読書術があるのだから、読まないわけにはいかないはず!15万人が実践し、成功率95%を誇る「本を読む技術」を手に入れれば、本の知識が自身の能力に変わる実感ができます。
新刊『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』から、これまでの半分以下の時間で読めて毎月30冊以上読める、最速・最短で読書をモノにする方法を紹介していきます。

「大きい目の美しい女性が立っていた」
どんな人を想像しますか?

 同じ本を読んだとしても、あなたが本を読んだ後の感想と、あなたの上司や同僚、友人が述べる感想には、違いが出るものです。他の人に感想を聞くと、「そんな考え方があるのか」と思うことが多いのではないでしょうか。

 実際、本を読むことが文字情報をイメージ情報に変換することだと考えると、その変換方法に違いがあれば、アウトプットされる内容が変わるのは自然なことです。

 たとえば、次の一文を見たときに、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

「大きい目の美しい女性が立っていた」

「目が大きい美人」をイメージする人もいれば、「身長の大きい目がキラキラした女性」をイメージする人もいます。どちらも正しいです。

 ここで重要なことは、同じ文章を見ても、文章から変換されるイメージ、つまり理解している内容は人によって変わるということです。

 もしあなたの身近に「目が大きい」女性がいたとしたら、その人がベースとなった女性像がイメージされやすくなります。

 また、もしあなたの好きな女性のタイプが背の高い女性だとしたら、それをベースとした女性像がイメージされたことでしょう。

 つまり、言葉や文章からイメージに変換するときに使われている元ネタは、自分自身が普段触れている環境や過去の経験と関連しているものなのです。

複数のイメージを思い浮かべる

 あなたの周りにいる人が、自分と違うイメージを想像するのは、こうした身の回りの環境や経験に違いがあるからなのです。

「本を活かす人はなぜ同じ本を読むたびに感想が違うのか?」の真意はここにあります。

 本を活かしている人ほど、複数のイメージを思い浮かべることができます。本を読んで自分に置き換えたときに思い浮かぶ行動イメージが増えることで、「これならできそう」と思える選択肢が見つかりやすくなります。「これならできそう」と思ったことを実際やると、経験値がさらに増えるのです。

 本に書かれている文章を解釈する際、過去の経験や周りの環境を基にしながらつくられるイメージは人それぞれで、著者が伝えたいイメージとズレることがあっても不思議ではありません。

 しかし読書を通じて、著者目線になるべく近い状態で疑似体験をすることによって、今まで理解できなかったことに気づくことができるようになる。これこそが読書をする本来の目的なのです。

■参考文献
「速く読んで覚えられる最強の読書術」