わざわざパリに行かなくてもフランスの空気をダイレクトに感じるすてきなお店が誕生しました。

パリの人気店が吉祥寺にオープン!

3月24日(土)に吉祥寺にオープンしたのが、フランス・パリにある「リベルテ・ラ・パティスリ ー・ブーランジェリー(LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)」の世界展開 1 号店。「リベルテ」は、シックで若いファミリーも多いパリ10区にあります。「透明性」「親近感」「品質」 の3つのコンセプトを大切にしていて、こだわりとエスプリを持って生み出されるパンやお菓子は、パリっ子たちにも人気。2013年にオープンとまだ新しいにもかかわらず、一気に有名店の仲間入りを果たしたお店です。

その「リベルテ」がこの度、東京にオープン。パリ10区と同じように都心から少し離れ、自然も近い吉祥寺に誕生しました。実際に訪れたのですが、とても広くて開放的な空間。こんなお店を待っていた! というの最初の感想です。

新しいのに懐かしい味!

1 階のショップでは、パンやスイーツがずらりと並んでいて、ずっと見ていられるほどうっとり。

売り場のすぐ奥にガラス張りのオープンな工房があり、スイーツやパンを作っているところを見ることができ、焼きあがりのいい香りが漂っていました。

どれも伝統的なパティスリ ーやブーランジェリーのレシピを守りつつ、現代のライフスタイルに合わせて送り出されるもの。新しいお店となると斬新なメニューが多いのかな? と思いがちですが、「タルトタタン」や「タルトシトロン」など馴染みのあるメニューにほっとし、パリでは本当に街の人から愛されているんだなと感じます。

インテリアは、パリ本店の象徴的な存在である大理石のカウンターを東京でも再現されていたり、店内に敷き詰められたタイルも本店と同じものが使われているので、まるでパリの店舗にいるよう

世界初! LIBERTE CAFÉ を併設

2階にはリベルテブランド初となるカフェがオープン。フランスで日常的に食べられる食材や調理法などを用いて「パリのおいしい日常」が再現されています。9時から19 時までノンストップで営業し、時間帯により、 イートイン(9:00〜11:00)、ミディ(11:00〜15:00)、アペロ(15:00〜19:00、LO.18:30) の 3つのパートに分け、それぞれの時間帯に合ったメニューが提供されます。

イートインでは、1F で購入したパンやサンドイッチを、ほどよい酸味とコクのある コーヒーや、オリジナルブレンドのアールグレーと一緒楽しめます。平日の朝食や休日のブランチなどにおすすめです。

わたしは、お昼に「季節の野菜スープ」をいただいたのですが、ポタージ風のとろっとしたグリーンピースのスープにフランスではポピュラーなスーパーフード“キヌア”やスナップえんどう、芽キャベツ、長ネギを添えた、緑の色が美しいスープは、食べる直前にグリーンピースのポタージュを注ぐスタイル。

野菜のフレッシュさや味の濃さに感動しつつ、パンにも合って、気がついたら、ノンストップでパンを食べていたのですが、なんと、パンはおかわり自由というフランススタイル! これはうれしいサービスです。

その他、ミディには、3種のデリプレート、サーモンのパピヨットなど季節農野菜をふんだんに使ったメニューなどがラインナップされています。

遅めのランチにも軽めの夕食にもなるアペロタイムには、ワインでスタート! シンプルにグリルした野菜を豪快に盛り、デリ 2 種を添えたプレートや赤たまねぎジャムと生ハムとグリエールチーズのタルティーヌなどを楽しむことができます。広い空間で、肩肘張らずに居心地の良さを感じました。

今のフランスの食や雰囲気をそのまま感じることができる「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー」。これからの季節、テイクアウトして「井の頭公園」で食べるのもよし、カフェでゆっくりするのよし、いろいろな使い方ができるお店です。

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー

住所 :東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-3

営業時間 :1F平日 9:00~19:00 土日祝8:00~19:00/2F全日 9:00~19:00(LO.18:30)

定休日 :月曜日(祝日の場合、 火曜日)

Facebook /Instagram