食事制限をして、できるだけ体重が増えないように努力していても、30代から40代にかけて多くの女性が急激な体形の変化に悩まされます。出産を経験したり、ストレスによるものだったり、あるいは運動不足だったりがその主な理由。衰えにはどのように対抗していけばよいのでしょうか。

リンパの流れをスムーズにする温活デニム

image via shutterstock

特に顕著なのは、太ももにつくセルライト。日本人女性の体はとても華奢で、足は細くてきれいにもかかわらず、それでもセルライトはついてしまうから不思議です。そしてこのセルライトは年齢を重ねるにつれしつこくはりつき、ボコボコし、あまり見栄えの良いものではありません。冷えとむくみはセルライトと深くかかわっているといいますから、着るものも上手にハイテク素材を取り入れ、積極的に温活をしたいものです。

例えば「ビューティー・デニム」ならば、ブラジルで開発されたというハイテク生地エマナ」が体の熱を吸収、代謝を促すことで、セルライトの原因にもなるリンパの滞りをスムーズに解消してくれるのだそう。肌をキレイにサラサラにしてくれる効果があることからも、ヨガなどのスポーツ服、さらには下着にも徐々に利用され始めてきています。

美しさのベースは基礎代謝を上げること

image via shutterstock

私たちの下半身(お尻・太もも・腰)には全身の約60%の筋肉が集中しているといわれ、太ももに関しては約40%にもなるそうです。運動によりこのマッスルグループを鍛えて基礎代謝を上げることはもちろん、日ごろから冷えないようにすることが美容への第一歩なのでしょう。運動は大事だとわかっていながら、継続させるのはとても大変。定期的に運動することができる時間と余裕を持てる人はとてもラッキーな人であり、大多数の人は仕事に追われ、時間に追われ、やりたいことを好きなだけすることも体力的にも精神的にも難しい時だってあります。

スーパーモデルのジゼル・ブンチェンと同郷でもある、ブラジル人デザイナーアレキサンドル・ヘチコビッチは、長年の研究を費やして2013年にこの「ビューティー・ジーンズ」を開発。多くの人に愛されるジーンズに注目、効果的に温活を行うことで代謝が上がり、ダイエットにもなるものを求めていました。太ももだけでなくお尻もポカポカして、ジーンズやズボンの下のタイツがいらなくなるのも嬉しい。お尻が冷えると骨盤のゆがみや腰の疲れ、しいては腰痛になる可能性があるので、特に冷え性の女性には冬だけでなく1年中重宝しそう。まだひんやりするこの季節、「ビューティージーンズ」を試してみてはいかがでしょうか。