一瞬ギョッとしてしまうホラーなトリックアート「沼からゾンビ」

写真拡大

■ 参加して楽しむトリックアートがズラリ

お相撲さんの技のひとつ叩き込みを受けているように見える「はたきこみ」

3月31日(土)、“日本のアニメ聖地88”に選定されている埼玉県川越市に、参加型トリックアートが充実する「トリック3Dアート IN COEDO」がオープン。国内外で活躍するトリックアート作家・服部正志氏がプロデュースする“見て、触って、体験できる”新感覚のミュージアムだ。

参加型トリックアートとは、目の錯覚を利用した絵画のことで、絵の前に人が立ったり、触ったりすることで、不思議な光景を再現できる。

同館には、沼から出てきたゾンビに足を掴まれているように見える「沼からゾンビ」や、お相撲さんの技を受けているような錯覚が楽しめる「はたきこみ」など、参加型の展示が多数そろう。

また、小江戸・川越市のシンボル「時の鐘」をモチーフにした「時の鐘に登る」や、川越祭りをイメージして製作された「ホローフェイス/川越祭りの三つのお面」といった、ご当地ならではのトリックアートも展示される。そのほか、どこから見ても絵の中のモナリザと目が合う「ホローフェイス モナリザ」など、「観る」作品もラインアップ。

館内の作品は全て撮影ができるので、トリックアートの不思議な世界をSNSなどで共有して楽しもう。

江戸時代を感じさせる町・川越市の新たな観光スポットに出かけてみては。(東京ウォーカー(全国版))