ユニクロ全身1万円で、彼氏・夫を激変させるアイテム/バイヤーMB

写真拡大

 ファッションバイヤーのMBです。

 おしゃれに興味のない旦那さんや彼氏さんを全身変身させるには?

 今回ユニクロで全身改造できるように、アウター・インナー・ボトムスをセットでオススメします。新生活4月に向けていつもどこか垢抜けないパートナーを改造してみてはいかがでしょうか(写真はユニクロオンラインショップより、価格は税別)。

◆カジュアル派の彼も嫌がらないジャケット

ミリタリージャケット+EC 3,990円

 まずはアウター。「男性を簡単に格好良く見せる」ためにはジャケットがオススメですが、普段からカジュアル服ばかり着ている世の男性にいきなりジャケットを与えてもなかなか受け入れてもらえないもの。着にくく動きにくい上に、かしこまった印象が強くいつものパーカーやデニムとの印象の乖離が気になります。

 そこでおすすめは「品の良いミリタリージャケット」「綺麗目なワークブルゾン」など。ユニクロは毎年ミリタリージャケットをリリースしますが、今回はベトナム戦争でアメリカ軍が使用した通称「ファティーグジャケット」のレプリカをラインナップ。

 このジャケット、他のミリタリーブルゾンなどと異なりシャツ襟がついているのが特徴。そのためドレスアイテムのようにモダンな印象があり、また今回のユニクロのモデルは細身シルエットですっきりと綺麗。ジャケットほどではありませんが、モダンでサマに見えやすく……また普段カジュアル服ばかりの男性でも抵抗なく取り入れることができるでしょう。

 裏地がないので少し頼りない印象もありますが、その分値段はお値打ち。オススメです。

◆ポロシャツでもニット素材だと印象が違う

ウォッシャブルニットポロシャツ(半袖) 1,990円

 次にインナーはニットポロ。ニットにポロシャツ襟をつけたニットポロはドレスライクな印象があり「オンカジュアル」でも使用できます。スラックスと革靴を合わせてしまえば夏のクールビズスタイルの完成。

 ポロシャツは一般的な鹿の子素材ではスポーティーな印象が強い。ところが風合いが美しいツヤのあるニット素材にしただけで印象はガラリと変わります。男性は女性服と異なりデザインが少なくシンプルであるがゆえに、相対的に「素材」の重要度が高いのです。スポーティーな素材なのか、ドレスライクなニット素材なのかで同じデザインでも大きく印象が異なるもの。

 こちらのニットポロは値段も手頃でONOFF使える便利アイテム。残念なのは長袖のラインナップがないことくらい。

◆デニムやチノでなくスラックスを

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ 2,990円

 最後はパンツです。ミリタリーブルゾンにデニムやチノを合わせてしまえば簡単に「おっさんコーデ」が出来上がるもの。モダンに、サマに、おしゃれに見せるためにはミリタリージャケットには「スラックス」がおすすめです。しかし一般的なスラックスでは動きにくくてシワもつきやすく、カジュアル服に慣れている男性にはハードルが高いでしょう。そこでこのアイテム「ジャージ素材のスラックス」です。

 こちらはユニクロの新素材ドライEX、スラックスのような見た目ではありますが、実は素材はジャージ。伸縮性が高く通気性も良いためはき心地は抜群です。これなら多くの男性が抵抗なく取り入れることができるでしょう。

 こんな感じで。全身1万円以下で完成します。

 ぜひ春の彼氏さん&旦那さん改造にお役立てくださいー!

<TEXT/MB>
【MB】
メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、女性にも参考になる。著書は『最速でおしゃれに見せる方法』など多数