うららかな春の暖かさを感じる今日この頃、3月は日差しの強さと共に紫外線照射量も増え始めます。だからこそ美白ケアをスタートするなら今。そこで知りたいのが最新の美白情報。そもそも美白研究は、日本人女性をはじめとするアジア人女性からのニーズが高く、化粧品メーカーがそれに応えるべく研究をどんどん深化させている分野。それだけに先進のサイエンスを搭載し、毎年アップデートし続けています。今年もそんなスゴ腕美白コスメが続々と登場しています。

でも、そもそも美白コスメの働きって?一般的には、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐもの。これが美白コスメの医薬部外品の効能です。でも近年は、シミをケアするだけではなく、肌全体の透明感を高め、パッと見の印象をあか抜けて見せる美白コスメが主流。さらに、シミや肌をくすませる原因は紫外線以外にも次々と発見され、抗炎症、抗酸化、抗糖化成分を配合しているものも数多く出てきています。今の美白ケアは、シミをケアするだけでなく、肌そのものを美しく見せるため、さらには先進のエイジングケアができるものと言っても過言ではありません。

と、近年の美白の潮流をお伝えしましたが、今年はシミに関して新たな知見が続々と報告されました。そこで、新知見を搭載した注目の美白コスメ3品をご紹介します。

シミの根本からケアして、楽しかった思い出を後悔に変えない

美容のプロから絶大な信頼が寄せられているだけでなく、多くの女性から圧倒的に支持されている資生堂の薬用美白美容液「HAKU」。資生堂の100年を超える肌研究と先端のシミ予防研究をベースに、常に進化し続け、7代目「HAKU」がこの春登場しました。着目したのは“思い出ジミ”。資生堂が美白に関心のある女性に意識調査をしたところ、「以前に浴びた紫外線の影響でシミができた」と思っている人が約8割もいたそう。楽しかった思い出を後悔に変えないためにも……と進化した「HAKU」には、最新の美白研究の知見が搭載されています。それが「シミの奥には異常な毛細血管があり、これがシミに関与していた」という事実。これをヒントに、血管の作用を抑えることでシミの根本原因にアプローチし、シミの生成連鎖を抑制して美白をします。新しい「HAKU」は、乳液のようなまろやかな肌あたりで肌にスッとなじむ、使うほどに潤いで肌が整い、明るく澄んだ肌を予感させてくれますよ。

HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)45g 10,000円(編集部調べ)/資生堂

HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)45g 10,000円(編集部調べ)/資生堂

シミのもとを黒くしない=シミを生ませない肌へ

誰も見たことのなかったシミの奥の世界の可視化に成功したことで、よりシミへのアプローチが明確になったのがコーセーの「ONE BY KOSE」から登場する美白美容液。注目したいのが、日本で初めてシミ発生源の3D解析に成功したところ。これにより、シミ発生のメカニズムがより詳細に解明されたのです。今回新たに発見されたのが、黒いメラニンのかたまりが大量に角質層に受け渡されていた様子。そこで、コーセーを代表する美白コスメに採用され、長年多くの女性に愛され続けているコウジ酸を昇華させ、まったく新しい美白美容液が誕生しました。「ONE BY KOSE メラノショット ホワイト」は、シミ発生源を狙うように届き直撃し、メラニンのかたまりの黒化を防いでシミのもとを無色化していきます。みずみずしい乳白色の美容液は肌にのばすとスルスルと入っていき、後肌はサラリ。透明感をすぐに実感できる使用感なので、毎日使うのが楽しくなるほど。シミ悩みのないクリアな肌はすぐそこに。

ONE BY KOSE メラノショット ホワイト(医薬部外品) 40ml 5,300円(編集部調べ)/コーセー(4月16日発売)

ONE BY KOSE メラノショット ホワイト(医薬部外品) 40ml 5,300円(編集部調べ)/コーセー(4月16日発売)

光治療をヒントに、白肌の運命を握る遺伝子へアプローチ

ロート製薬の最先端技術を搭載したエイジングケアブランド「エピステーム」から発売される美白美容液の、誕生のきっかけは光治療。美容クリニックと共同研究を行なう中、美容機器フォトフェイシャルを用いた光治療では、肌色を左右する遺伝子の発現を抑えることを発見したのです。そして、ここにアプローチする新成分を開発し、美白有効成分コウジ酸と共に配合することで、シミの生成過程にアプローチして定着シミを徹底封印。ロート製薬独自の高浸透技術を搭載することで、美白有効成分を肌の奥までしっかり届ける設計になっている点も見逃せません。さらにシミ悩みだけでなく、肌の透明感やハリ感など、肌全体の質感アップにこだわった処方設計。塗った瞬間から感じる肌のなめらかさや透明感は感動モノ。まさに結果が伴う美白ケアを体感できます。

エピステーム ホワイトフォトショット(医薬部外品)30ml  9,000円/ロート製薬

エピステーム ホワイトフォトショット(医薬部外品)30ml  9,000円/ロート製薬

テクノロジーの進歩により次々と解明されている皮膚の真実。それでもまだわからないこと、知りたいことがたくさんある、と多くの研究者は口を揃えて答えます。特に美白分野はそれが顕著。だからこそ、毎年新しい事実が発見され、それがコスメに応用されています。近い将来、シミ悩みは美白コスメでケアするのが常識になる時代が来るかもしれませんね。


ビューティーエディター・ライター
藤井優美

エステティシャンを経て、1992年よりフリーランスのエディター・ライターとして活動。美容雑誌『美的』は創刊時から携わり、現在は、美容雑誌『MAQUIA』をはじめ多くの女性誌を中心に、スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケア、インナーケアといった美容全般の企画、構成、執筆を担当。HPができました!➡http://dis-moi.co.jp/ インスタも始めました!➡https://www.instagram.com/yuumifujii.beauty/