短編映画「驚異の輪ピストンリング」(製作1972年)ダイジェスト版より

写真拡大

 リケンは今夏にも柏崎事業所(新潟県柏崎市)で女性従業員だけを配置したピストンリング加工ラインを設ける。残業時間を極力なくすなど女性の働きやすさに配慮する。女性のラインオペレーターを現状で数人規模から23年をめどに100人規模にする考え。企業業績の堅調に伴い採用競争が激しくなっており、女性従業員が働きやすい環境を築くことで人材確保につなげる。

 リケンによると、女性だけのピストンリング生産ラインは1960年代以来だという。4月に採用する数人を配置し、定着を図る。ラインは2直体制(需要により一部は3直体制)で稼働する。

 今後も定期的な採用を続けて女性が携わるラインの数を増やし、柏崎事業所だけでなく、熊谷事業所(埼玉県熊谷市)にも女性専用ラインを設ける予定。ベテランオペレーターが若手を指導して仕事の質の向上が図れる体制に仕上げたい考え。

 厚生労働省によると、1月の有効求人倍率(季節調整値)は1・59倍で、求職者の数も1・2%減となり、求人倍率は高止まりしている。

 優秀な人材を採用しにくい状態となっている上、少子高齢化により労働力人口の減少が続く。こうした観点からも女性の活躍が求められており、リケンは「女性専用ラインを構築することで、(工場の現場などでも)性別に関係なくどんな人も存分に仕事できる環境を整えたい」としている。