茨城県の中3がいじめで自殺 遺族が不信感「担任は逃げている」

ざっくり言うと

  • 2015年11月に茨城県取手市の中学3年の生徒が自殺した問題
  • 市教委は、当時の同級生らを対象に保護者会を開くも担任教諭は突如欠席
  • 遺族は記者団の取材に対し「逃げているとしか思えない」と不信感を募らせた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング