写真はイメージです

写真拡大

お得な制度を使わない手はないと
すぐさまiDeCoに加入した公務員

「掛け金が全額所得控除されるなんて、こんなお得な制度を使わない手はないですよ」

 そんな風に語るのは、公務員のGさん(39歳)。2017年1月に、公務員も個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用できるようになり、早速、利用を始めた人の一人です。

 安定収入を求め、公務員になって5年。それまでは、民間企業に勤めていました。勤め始めは、ちょうど日本にも確定拠出年金(401k)が導入されたころ。勤め始め当初から401kを利用してきましたが、公務員になると同時に利用できなくなり、新たな掛け金は出せないものの運用だけを行う「運用指図者」として、300万円ほど保有していました。

 それが、所得控除までできる個人型のiDeCoを活用できるようになったので、非常に“お得感”を持っていたのです。

 早速、加入手続きをし、拠出していた300万円も移管して、iDeCoの上限額、月に1万2000円を掛け金として拠出してくことにしました。「退職金とiDeCoとで老後資金は心配はない」といった安心感もありました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)