自宅をディスコ風に!? エコでお財布にも優しいIoT電球見つけた

写真拡大 (全5枚)

環境と経済性、利便性など考えたら、選ばない理由がないLED。どうせ切り替えるのなら、できるだけ経済的で長持ちするものを選びたい。そんな人なら試してほしい究極のLED電球が、クラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGに登場。4万時間の長寿命で電気代も節約できるIoT電球「SmartFx」です。


「SmartFx」は550ルーメンの60W球に匹敵する明るさを備えたLED電球。最大の特徴は、4万時間という長寿命。仮に1日5時間の使用したとして約21年! しかも消費電力は標準的な電球が使うエネルギーの1/10程度とのこと、毎月の電気代も節約できます。

さらに、ちょっと面白いのはこれがサーバーを介せず直接アプリから操作できるIoT電球だということ。明るさや照明色はスマホ上のアプリからBluetooth経由でコントロールできます。日々の起床や就寝などにあわせて自動で照明をオン・オフできるスケジュール機能もついているので、気持ちよく入眠できるよう就寝少し前から明るさを弱めておいたり、早朝の起床時間に合わせて照明を点灯さたり、ライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

電球には1600万色の調色機能を搭載しており、明るく鮮やかな発色に変えることも。「ディスコモード」を使えば、音楽に合わせてライティングやイルミネーションが楽しめます。環境やお財布に優しいだけでなく、利便性や遊び心もたっぷり載せたIoT電球です。

なお今回のプロジェクトは、「SmartFX」の日本正規代理店として日本国内での技適マーク取得や日本語アプリ制作などを目指すもの。支援受付は想定価格の30%オフとなる5516円からで、リターンのお届けは6月中を予定しています。

>> GREEN FUNDING「SmartFx」

 

(文/&GP編集部)