写真=iStock.com/Dmytro Aksonov

写真拡大

加齢が引き起こす体の不調。放置していれば、取り返しのつかない事態を招くこともある。「プレジデント」(2018年1月1日号)より、9つの部位別に、名医による万全の予防策を紹介しよう。第8回のテーマは「勃起不全」――。

■生活習慣病と密接に関係している

年齢とともに勃起不全(ED、インポテンツ)の人が増加するのは統計上も明らかです。しかし、老化だけがEDの要因ではありません。

EDには器質性と心因性の2つがありますが、器質性の場合はほとんどが、神経や血管の異常でこのメカニズムがうまく機能しなくなった結果だといっていいでしょう。

たとえば、動脈硬化や高脂血症で血管が詰まるとペニスへの血流が阻害されるので、正常な勃起ができなくなります。ペニスの動脈は直径1〜2ミリと非常に細いため、動脈硬化が進むと真っ先に詰まるのです。次はもっと太い心臓や脳の血管が詰まって、心筋梗塞や脳卒中を起こす可能性もあるのです。

糖尿病も血管や神経に障害を与えるので、EDが起こりやすくなります。糖尿病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも多い怖い病気です。

つまりEDは動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病と密接に関係しています。日ごろから食べすぎ、飲みすぎを控え、適度に運動し、十分睡眠をとるという健康的な生活を送ることが、最も効果的なED予防なのです。

とくに、たばこは確実にEDのリスクファクターとなるので、吸わないほうがいいでしょう。たばこには末梢血管を収縮させ血流を悪くするニコチンや、海綿体やペニスの血管内皮障害を引き起こす有害物質が含まれています。さらに、たばこの煙には酸化ストレス(※)を高め老化を促進する活性酸素が多いことが知られています。実際、喫煙者は非喫煙者に比べてEDの発症率が高くなるという各種の調査結果も出ています。

(※)酸化反応により引き起こされる有害な作用。

■長時間、自転車に乗らないほうがいい

一方、運動はしたほうがいいのですが、スポーツとしての自転車は避けるべきでしょう。長時間自転車に乗ると、EDのリスクが高まることが証明されているからです。陰嚢と肛門の間の「会陰」が自転車のサドルで圧迫され、その部分の神経や血管が損傷するからだと考えられています。「生涯現役」を目指すなら、別の運動をおススメします。

また、精子は熱に弱いので、この先まだ子づくりの予定があるなら、サウナは控えたほうがいいでしょう。

「あまり射精をするな」「接して漏らさずがよい」といった、巷に流布している禁欲のススメには根拠がありません。逆に、国際性機能学会誌には、日常的にセックスをしている人は健康で長生きだという研究結果が発表されています。

最近はバイアグラ、レビトラ、シアリスといった非常によく効く勃起改善薬ができています。これらは泌尿器科で処方してもらったものであれば、副作用を心配することはありません。必要なら怖がらずに使用してみてはどうでしょうか。

▼勃起改善薬はどれが効く?
シアリス
・24〜36時間と効果が長続きする
・食後すぐ飲める
レビトラ
・早めに効く
・硬くなる効果大
バイアグラ
・フィルム状の薬もあり使いやすい

----------

▼POINT!
・どこから始まる?
男性の勃起不全には器質性と心因性があり、器質性の場合は生活習慣病と同様に年齢とともに発症の確率が高まる。
・最悪の場合は?
器質性は、心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞の前兆となることがある。単に「年のせいだから仕方ない」と考えるのは危険。
・予防、改善策は?
食事や運動や睡眠に気をつける。喫煙や自転車の長時間乗車は避ける。バイアグラなどの処方薬には効果がある。

----------

----------

小堀善友
獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科外来医長・医局長
1975年、埼玉県生まれ。金沢大学医学部卒。専門は男性性機能障害、男性不妊症、性感染症。著書に『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』など。
 

----------

(獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科外来医長・医局長 小堀 善友 構成=山口雅之 写真=iStock.com)