「普通なのにどうして出会いがないのだろう」そう思う真面目な女性たち。

しかし、その「普通」というのは20代から変わっていないことを「普通」と思っていませんか?もしかしたら幼いのかも。

考え方、働き方、ファッションなどが20代から変わっていないとしたら、それだけで幼いのです。実年齢よりも下に見られることだってあるかもしれません。でもそれで「若く見えた」と喜んでいたら、危険です。ただの幼いおばさんですよ。

今回は20代なら許されたけれど、30代には変えておきたいことをお伝えします。

前髪が20代から変わっていないだけで大人の服が似合わない

大人な服装が似合わない原因はその前髪かも!?

「ジャケットを着ると就活生っぽくなって、大人っぽいシンプルな服も試着したことありますが、似合わないからいつもカーディガンです。似合う服を着ているからいいですよね」

大人っぽい服を着るとしっくりこないという方は、髪型を確認してもらいたいのです。

サイドや後ろの長さや毛先は変えてきたけれども、前髪の分量やセットの仕方が20代から同じではないでしょうか?いわゆる「パッツン前髪」です。

シシドカフカさんのようにミステリアスで存在感があるパッツン前髪美人もおります。自分をどう見せたいか狙ってあえてパッツン前髪の人と、ただ何も考えず20代から変わっていないパッツン前髪の方は似ているようで全く違うんです。

美意識高く、あえてパッツン前髪の方は髪がキレイでしょう。20代から変わっていない幼いおばさんは前髪以外の毛もボサボサでしょう。

学生時代は、整髪料をつけなくてもサラサラツヤツヤの髪だったかもしれません。適当にドライヤーで乾かしただけでもまとまったかもしれない。社会人になれば染めたり、パーマをかけることもあるかもしれません。

スタイリングのダメージ、加齢のダメージが加わっているので30代の髪はブローしないとボサボサになりやすいでしょう。ツヤツヤの髪ならば無造作に崩したヘアスタイルでもオシャレっぽいかもしれませんが、手入れされていない30代の崩れたヘアスタイルはやつれた感じしかないのです。

髪と眉毛のボサボサは自分では気が付けない

ボザボザで注意したいのは髪だけじゃないんですよ!

「髪がボサボサの人はモテません」

そういう情報は知っていても、毎日見ている自分がボサボサかどうかはなかなか気が付けない場合が多いんです。

「お化粧だってしているし、普通なのに出会いがないです」

と言っていた眉毛も髪もボサボサな女性に何人も会ってきました。気が付けないんですよね。

女性は加齢とともにムダ毛が濃くなりやすいそうです。筆者も気をつけていますが、眉毛を放置すると1センチ以上伸びるようになりました。

メイクアップアーティストの片桐愛未さんにご協力いただき、20代から止まっている30代女性を再現してもらいました。モデルは私です。美意識が低いと「眉毛はあるからいい」「眉毛をかくのは眉毛がないから」と思いがちです。恥ずかしいことですが、私もかつてはそう思っていた一人でした。

20代のころに眉毛の長さを気にしてカットしたことは、ほとんどなかったかもしれません。毛の長さ、色、形、グラデーションを気にしてパウダーやペンシルを使って自然な眉毛をかいている人と比較すると、注意するポイントが半分以下なのです。

メイクの大切さを理解できなかった頃の私は、女性誌にのっている「メイクのお悩み解決コーナー」でビフォーアフター画像を見ても違いがあまり分かりませんでした。それどころか、「こんな小さなことをよく気にできるな。すごく暇なのかな」とだいぶ上から目線でした。

「清潔感がある」とはお風呂に入って、洗濯した服を着ていることではない

「清潔感がある格好」とあちこちで目にしませんか?ビジネスの場でも出会いの場でも、清潔感という言葉はあふれてます。

眉毛や髪の毛がボサボサの方も、自分では「清潔感はある」と思っております。でも、いたるところの毛がボサッとして整えられていない女性は清潔感はない。

「清潔感」と「清潔」は違うのです。

現代日本で生活していたら、当たり前のように毎日お風呂に入って、洗濯された服を着ているでしょう。これは清潔ですよね。

しかし、お風呂に入っていても顔がテカテカならば「清潔感」はありません。髪の毛がボサボサならば「清潔感」はありません。洗濯された清潔な服でも毛玉が付いていたりインナーが袖や首元から見えていれば「清潔感」がある印象はいだかれないでしょう。

ですが30代女性に身だしなみの指摘は誰もできません。不快に思わせて、セクハラ扱いされたりと、デメリットの方が多いからです。

20代はそれだけでブランド!あの頃は手抜きメイクでもなんとかなった

ナチュラルメイクをはき違えていませんか?

20代のころ、美意識が低かった私はBBクリームを塗っている程度で「ナチュラルメイク」と思っていました。

就活の面接もその程度のメイクで突破できたのです。お化粧をほとんどしない「ありのまま」な女性でもニコニコしていればモテるかもしれません。20代ってそれだけで価値があったのです。でも、30代になると、クマができて、ニキビ跡も消えなくなり、フェイスラインもたるみ、化粧崩れもしやすくなる。20代と同じメイクで「普通のナチュラルメイクです」では手抜きなのです。

そんな女性が「人柄を見てほしい」「ありのままの私を受け入れてくれる人に出会いたい」と思うことは、勉強しないでいい学校に入りたいと同じくらい高望みです。

30代のブスに誰もブスとは指摘しない

20代から変わっていない、それなのに気が付いたら清潔感がないおブスになっていた。恐ろしいのはそういう女性は男性から見えなくなっているのです。

ブスは可視化されません。

男性が「僕は人柄で妻を選びました」という場合、その男性が「女」にとして見ている女性の中から人柄がよい方を選んでいるのです。「女」に見ていない幼いおばさんは対象外。モテない女性ではなく、見えない女性に出会いがあるわけないんです。まずは見えるようになりましょう。20代から同じことを繰り返すのではなく、定期的にアップデートしていきましょう。

取材協力/片桐愛未(スタジオラムズ)


 恋愛・婚活の賢人菊乃

出会いがない女性向けの恋愛婚活コンサルタント。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活ブログが人気になり2011年に出版独立。著書は「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。具体的で分かりやすいアドバイスは何からやったらいいか分からない方に好評。
ブログは今も毎日更新。https://ameblo.jp/koakuma-mt/  山形県出身、静岡大学卒。