2018年の「住みたい街ランキング」は、吉祥寺・恵比寿を抜いて横浜が1位に輝き、大きな話題を呼びました。「住みたい街ランキング」を深読みして、自分にとっての「住みたい街」を考えるには? SUUMO編集長の池本洋一さんにじっくりお話を伺いました(全3回インタビュー。#2、#3に続きます)。

【写真】20代〜40代 年代別「住みたい街ランキング」を分析すると


SUUMO編集長の池本洋一さん

遠い地域の人も「横浜に住んでみたい」

―― 今年は横浜が1位にランクインしました。どうしてでしょうか?

池本 色々数字を見ながら分析したのですが、実は、20代・30代・40代の全年代で横浜が1位なんです。街によって「池袋は20代に強い」「吉祥寺は40代に人気」という風に、年代差が出てくるものなのですが、横浜は均等なんですね。つまり横浜は、若い層を含めて全体から強く支持されたことになります。

 そして、もうひとつ分かったことがあります。横浜を支持している人たちの住んでいる場所を調べると、52.4%が神奈川県民でした。逆にいうと40%以上の人たちが、神奈川県外の人ということです。

―― 遠い地域の人も、「横浜に住んでみたい」と。

池本 そうなんです。ちなみに、吉祥寺を支持したのは68.9%が東京都民でした。東京都民に限定した「住みたい街ランキング」だと吉祥寺が1位なんですよ。

 じゃあなぜ横浜が遠方からも人気があるのか。1つはやはり、都心部の地価・マンション価格が高騰しているから。「住みたい街ランキング」って、「住みたいかどうか」で単純に回答しているはずなんですけど、過去のランキングの結果を見ても「現実的に住めるところ」を視野に入れて回答する人が多いんです。特に今、「等身大で街を選ぶ」という傾向が強くなっているんです。

―― 等身大、ですか。

“20代吉祥寺離れ”の理由は「シネコンがないから」

池本 例えば恵比寿駅最寄りの新築マンションは、1坪あたり800万円するんですよ。66平米・20坪で800×20だから1億6千万円。とても普通の人には買えないです。賃料も少しずつ上がっていて、都心部の地価・賃料の高騰が非常に顕著になってきている中で、「都心一極集中」がちょっと嫌われている。少し郊外に目が向いているんですね。

 さらに、年代別の総合ランキングを見てもらうと、吉祥寺は20代の若者の人気が低いんですよ。20代のランキングだと6位ですよね。40代では2位なんですよ。なぜ若い人たちからの吉祥寺人気がないのか、ヒアリングを進めていったら、「シネコンが吉祥寺にはないから」という声が割と多かったんです。

―― えっ、シネコンがないと若者票は獲得できないんですか。

池本 シネコンだけでなく、安いアミューズメント施設、長居できるファミレス、広い公園など大勢で長く遊べる場所が意外と少ない。それでおしゃれなお店は多いんだけど、おしゃれなお店は高い(笑)。かつ人がいっぱいいるから長居しづらい。若い人たちからすると、「長時間遊べて居心地のいい場所」というのが吉祥寺にはあんまりないと。

―― なるほど……。

池本 吉祥寺の近くでいうと、立川は真逆なんです。全部揃っています。だからそういう街の人気が、若い人の間でじわじわと高まっていますね。僕は40代だから吉祥寺のほうが好きですけど(笑)。

「おしゃれ系カフェだけじゃなくて、自分たちが日常使いできるような楽しい場所が欲しい」。これが20代の人たちの本音ですよね。「郊外の中核都市」には全部揃っているんです。

―― 「人気上昇中ランキング」に出てくる街は、“郊外中核都市のスタメン”という感じです。

池本 そうそう。立川も海老名も大宮も柏も、全部映画館があるし、レジャー施設がある。若い人たちが安く遊べる場所、かつ交通の要所なんですよね。

 この4都市って、今までは遊びに行く街だったじゃないですか。「立川は遊ぶ場所、住むのは隣の国立でいいじゃん」みたいな話になりそうなものなんですが、今はどちらかというとその利便性を、日常生活の中でも享受したいという人たちが増えている。それが郊外の中核都市の人気を生み出しています。

「働き方改革」の影響で、さらに郊外が見直されている

―― そして「郊外の中核都市」代表格が、横浜ですもんね。

池本 そうなんです。横浜が遠方からも高い人気を集めた2つ目の理由は、ずばり「働き方改革」。さらに郊外が見直されるきっかけになっていると思います。弊社もそうですけど、労働時間が短くなって夜早く帰る人たちが増えているんですよね。確実に3年前とはまるで違う、早い時間帯に帰っていますよ。

―― 「働き方改革」までランキングに影響を与えているんですか!

池本 ちょっと余談ですけど、ホットペッパーによると「ハッピーアワーが深夜に移行している」動きがあるそうです。以前は、ハッピーアワーといえば「夕方17時から18時30分くらいまでにお店へ入った方は、安くお酒を提供します」という座組みだったんですけど、今その時間は会社が終わっているので、遅い時間にハッピーアワーを持ってきて、なるべく長居してもらおう、2軒目・3軒目で使ってもらおうという戦略に切り替えている。やはり「働き方改革」の影響は出ていると思うんですよ。

―― 今年のランキングで埼玉県勢が大躍進したことにも関係がありますか?

池本 はい、大宮が9位・浦和が10位にランクインしたことにも符合しています。家に早く帰った時に「どれだけ自分の街で楽しめるか」というのは結構重要かなと思っていて。そういった意味で、浦和も大宮も横浜も、大型商業施設、うまい店も安い店もあって、遊ぶ場所もある。駅近くに習い事や塾も揃っている。「食・遊・住・学」は郊外の中核都市のほうが、全てが1駅に集まっています。

「シビックプライド」がランキング入りを下支え

―― 「ダサイタマ」と呼ばれた大宮・浦和がトップ10入りというのも驚きでした。

池本 そうですか! 実は私も埼玉県民なんですよ(笑)。NHKのインタビューに応えていたある埼玉県民の方は「今まで入らなかったのがおかしい」と話していて、地元愛がすごかったですよ。この「地元愛」もランキング入りを下支えしている側面はありますよね。

 去年野球では、クライマックスシリーズに横浜ベイスターズが出ましたよね。横浜スタジアムへ足を運ぶ人は確実に増えてます。球団を持っているということで、街に対する求心力が上がっているんじゃないかと思うんですよ。浦和には浦和レッズがあるし。ヨーロッパを見ていてもクラブチームは各都市に散っていて、それをみなさん誇りに思っている。日本では聞きなれない言葉ですが、「シビックプライド」が少しずつ重視されるようになってきたんじゃないでしょうか。

住みたい街のトレンドは「おしゃれ」→「再開発」→???

―― 今の時代、単に「おしゃれだからこの街に住みたい」ということでもないんですね。

池本 「住みたい街ランキング」の歴史をひもとくと、僕は「3つの波」があると思っています。まずは「おしゃれ」「洗練」。これが住みたい街の第1トレンドでした。その次に来たのが「再開発」です。小泉政権時代に「容積率緩和」が行われて、高いタワーを駅前や湾岸などに建てやすくする方向に法改正が行われたんですね。そういう形で街の再開発が進んだ。これが第2波です。品川や武蔵小杉は、「再開発」余波によって人気を上げてきた街だと思います。それで僕は、いま第3波が来ていると思っていて。

―― 第3波。気になります!

池本 再開発ではない形で街が良くなっているエリアです。その代表格が池袋であり、北千住。そういう第3波のニーズが人々の中にあるのかなって思っています。個人的に、僕は昔から蒲田を推しているんですけど(笑)。

(#2に続きます)
写真=佐藤亘/文藝春秋
 

(「文春オンライン」編集部)