近鉄から運営を引き継ぎ、今年の4月1日で3周年を迎える四日市あすなろう鉄道の電車。写真は「なろうグリーン」と呼ばれる緑と白の塗り分けの編成(写真:nao0107 / PIXTA)

廃線の危機に直面した近畿日本鉄道(近鉄)内部・八王子線の運営を公有民営方式で引き継ぎ、2015年4月1日から運行を開始した「四日市あすなろう鉄道」。廃線問題が浮上した際、同線の存続を目指す市民有志の団体として発足した特定非営利活動法人「四日市の交通と街づくりを考える会」(YTT)は今年2月3日、三重県四日市市内で「四日市の街づくりシンポジウム」を開いた。

シンポジウムは三重県立四日市南高等学校が共催。高校生が四日市の交通と街づくりを考えるきっかけづくりを目指す学習プログラムの一環として開催され、同日午後に行われた生徒による「2030年の四日市の街づくりプラン」の発表会では、四日市あすなろう鉄道関係者、四日市市役所職員、地元議員、マスコミ、一般市民などが熱心に聞き入った。

利用促進へ「若者への啓発重要」

ところで、内部・八王子線の存続を目的として発足した市民団体であるYTTが、なぜ高校生とコラボしたワークショップを開いたのだろうか。その理由は、鉄道活性化を目指した「若い世代への啓発」にあった。

YTTは、四日市あすなろう鉄道として内部・八王子線の存続が確定した後は、同線の利用促進活動に重心を移し、「将来にわたって鉄道を活性化させるためには若い世代への啓発教育が重要」との考えに至った。その流れで沿線高校との連携を模索する中、八王子線の終点である西日野駅に近い四日市南高校と協働事業を実施することで合意し、2016年から共同ワークショップを開始した。

そして、2年目となる2017年10月〜2018年2月の計3回のワークショップと2月3日のシンポジウムでは、新たに社会起業家支援のボランティア活動を展開する日本電気(NEC)のプロボノチームの参画を得た。


今回のワークショップについて、仕掛け人の一人であるYTTの宗像基浩副理事長は、「4回シリーズのプログラムのうち、最初の3回は連続で街づくりを考えるワークショップとし、生徒が主体的に検討できるように工夫した。高校生には、街づくりにとって大切な『公共』の考え方や未来の変化の方向性等の基礎知識、意見交換と検討方法、および検討結果のまとめ方を中心にレクチャーした」と説明する。

12月に開かれた3回目のワークショップ終了時には、宗像副理事長から生徒たちに対する課題として「2030年の四日市の街づくり」が提示され、生徒たちは放課後に集まるなどして課題に取り組み、発表資料をまとめあげた。この日発表されたのは、その成果だ。

自転車道やLRT整備の提案が


シンポジウムの様子(筆者撮影)

シンポジウムでは、主催者のYTT・宗像副理事長および共催者の四日市南高校・鈴木達哉校長のあいさつに続いて筆者が基調講演を行った。筆者はイギリスの鉄道インフラを管理するネットワークレール社では収入の7割を補助金が占めている例を引き合いに出し、日本の鉄道が独立採算を当然視されている現状は世界的には異例であることなどを紹介した。

その後、四日市南高校の生徒グループによる発表が行われ、彼らが30歳を迎える2030年のライフスタイルや四日市の街のイメージ、活性化に向けた提言が披露された。

発表では、コンパクトシティの推進やバスレーン・自転車道の整備、近鉄四日市駅とJR四日市駅を結ぶトロリーバスまたはLRT(次世代路面電車)の導入などが提案された。行政に対する要望事項を併せて発表したグループもあり、駅前への職場スペースの設置、商店街の活性化、無料駐輪場の設置、公共交通の市民割引などが挙げられた。

各グループの発表終了後には質疑応答も行われた。そのいくつかを紹介する。

質問者A:市役所で中心市街地活性化を担当し、四日市商業高校・四日市農芸高校と現時点での中心市街地活性化に向けてコラボしている。今日の四日市南高校と大人のコラボは未来に向けた提言を目指したものと理解している。未来の活性化に向けてヒントがあれば聞きたい。
矢田真奈美さん(1年):12年後の2030年は遠くない未来だと思う。四日市の今のいいところを残しつつ、変えるべきところは変えて街をよりよくしたい。
桝田美優里さん(2年):今回は2030年の四日市について考えたが、プロセスについては考えていなかったのが反省点。毎日の積み重ねで街は(少しずつ)よくなると思う。
質問者B:皆さんの発表に感動した。3回の授業だけでこれだけのアウトプットができると思えない。授業時間以外にどれくらいの時間を費やしたか?
桝田さん:発表会の1週間前から放課後にみんなで集まって発表資料を作成した。大人や友人に手伝ってもらった。
中村塁さん(1年):取り組んでみて物の見方が変わったことを自分自身感じている。

「身近な鉄道であってほしい」

質疑応答の終了後には、四日市あすなろう鉄道の日紫喜(ひしき)孝行鉄道営業部運輸管理所長(当時)と、四日市市役所の山本勝久都市整備部長がコメンテーターとして登壇した。日紫喜所長は同社の現状について「定期外客が増えている。2月1日からはプロパー社員の求人募集を開始した。沿線から運転士を目指す人が増えるかもしれない」と説明した。

一方、山本部長は「内部・八王子線の存続では、近鉄との壮絶な協議をおこなったが、多方面の協力があり、あすなろう鉄道として存続させることができた。しかし、大人の事情や法令が壁となって実現できていないことも多い。この(ワークショップやシンポジウムの)経験を生かして、ぜひとも中央省庁か四日市市役所に就職してほしい」と高校生に語りかけた。

シンポジウム終了後、発表を担当した生徒に話を聞いた。矢田真奈美さんは「初めてのことが多かったが、(街づくりの課題を)身近に感じることができた。あすなろう鉄道活性化に協力したいという意欲が芽生えた」と感想を述べるとともに、「身近な鉄道であってほしいし、沿線住民に寄り添う鉄道であってほしい」とあすなろう鉄道への期待を口にした。

また、昨年に引き続き参加した桝田美優里さんは「機会があればまた自ら参加したい」と早くも来年度に向けた意欲を示す。桝田さんは昨年のシンポジウム終了後「1回発表しただけで終わりにしたくない。もっと本気で取り組みたい」とYTTの井上理事に言って、あすなろう鉄道沿線でのライブ活動の提案を受けた経緯がある。桝田さんは人とのつながりが大切だと感じて、現在も同鉄道沿線でのライブ活動を続けている。

鈴木校長は「予想をはるかに上回る成果をあげたと思う。教員だけが教育をやる時代でなく、外部の『本気の大人』と触れ合わせることで生徒のポテンシャルを伸ばしたい」と活動の成果を強調した。また、運営スタッフとして参加したNECプロボノチームのメンバーの1人は「参加した生徒たちは自分の考えを自分の言葉でしっかりと発表できていた。当社の若手社員にも見せれば、必ず刺激になるはず」と絶賛した。

YTTの宗像副理事長は今回のワークショップについて「NECプロボノチームのサポートもあり、すばらしい成果をあげることができた。街づくりのステークホルダーを意識しつつ意見をまとめ、それを実現するために自分たちが関与する方法について生徒が理解を深めるプログラムにできたことはわれわれとしても大変よかったと考えている」と総括したうえで、「今後はこのような活動を広く展開できる仕組みも考えていきたい」と、これからの活動に向けた抱負を語る。

一方、YTTの井上誠二理事は「生徒たちの発表を聞いて、持続可能な社会づくりのための教育がされていると感じたが、今後は街づくり活動に高校生をいかに巻き込むかを考える必要がある」と課題を指摘する。

今回の一連の取り組みはあくまで、高校生が街づくりについての関心を深め自発的に考えるきっかけを提供することに主眼がある。今後はワークショップ・シンポジウムに参加する高校生をさらに増やし、参加した高校生を街づくり活動に巻き込む方策を考えることが課題である。具体的には、高校生にメールマガジンなどで定期的にイベント情報を発信して参加を促すことや、あすなろう鉄道を機軸としたイベントを高校生と共催するなどの取り組みが考えられてもよいだろう。

人と人とのつながりを育む鉄道に

シンポジウムの翌日、筆者は四日市あすなろう鉄道に乗車した。あすなろう四日市駅から乗り込んだ西日野行きは「なろうグリーン」の愛称がある白と緑色の塗り分けの編成(車両番号263―183―165)を活用した「ギャラリートレイン」であった。四日市あすなろう鉄道が行っている写真募集の第3期(2017年6〜8月)と第4期(9月〜11月)の応募作品の中から厳選された写真が車内を彩っている。

存続問題を乗り越えた内部・八王子線が、四日市あすなろう鉄道として運行を開始してからもうすぐ3年。同線は単なる交通機関という存在を超えて、人と人とのつながりを育むコミュニケーションツールとして機能し始めている。そして、四日市あすなろう鉄道の活性化に向けたステークホルダーの取り組みは、沿線の人たちの鉄道に対する意識を少しずつ変えつつある。あらゆる年代の人たちの中で鉄道への共感の輪は着実に広がっている。