多くのファンが集まった!(撮影:ALBA)

写真拡大

横浜市で開催されているジャパンゴルフフェア2日目。ダンロップのブースに中嶋常幸が登場。トークショーを行った。
【関連写真】ジャパンゴルフフェア2018〜各ブースに華を添えるコンパニオンの方々を紹介!
「去年よりも人の活気が伝わってくるね。この空気感、生き生きしているのは感じている」と、中嶋の話に耳を傾ける熱心なファンを前に、熱心に道具やゴルフ会のことを語った。
そんに中嶋自身、今季にかける思いは強い。昨年はケガもあったが「例年よりはゴルフは多いよ。スキーは1回の合宿で4日間行った。全日本のコーチに徹底的に教えてもらった。ケガもなく上手になりました」と、オフの順調をアピールした。
今年の目標を聞かれた中嶋。「日本オープンで優勝して、日本シリーズも優勝してさ、世界ランク50位以内入って、というのは若い選手が考えることだろうけど(笑)。見ていてよかったと思ってもらえるラウンドを増やすこと。60台のスコアをいくつ出せるか、だね」と、大ベテランらしい軽快なトークとともに、現役を続ける勝負師の面も見せた。
2週後には例年テレビ解説を務める「マスターズ」が開幕。「今年はなんといってもタイガーだね。いい状態で帰ってきたら面白いかもよ」と、優勝もあり、と見ている。「日本人に限らず、自分のスタイルを守ること」と、オーガスタ攻略法を挙げた中嶋。自身もスタイルを貫いて、今季も若手をおびやかす存在であり続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>