画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは3月20日(米国時間)、「Introducing Subscribe with Google」において、新たなサブスクリプションサービス「Subscribe with Google」を発表した。これは、サブスクリプションに申し込むと提携しているメディアのコンテンツにアクセスできるというもので、既存のGoogleアカウントで利用できる。

発表時点で、同サービスにコンテンツを提供するメディアには日本から毎日新聞が含まれているほか、Les Échos、Fairfax Media、Le Figaro、the Financial Times、Gatehouse Media、Grupo Globo、The Mainichi、McClatchy、La Nación、The New York Times、NRC Media、Le Parisien、Reforma、la Repubblica、The Telegraph、USA TODAY NETWORK、The Washington Postがエントリしている。今後、提携先メディアは増えるとされている。

有償コンテンツの購読には通常、それぞれのメディアが提供しているアカウントの設定が必要になる。これに対し、「Subscribe with Google」では既存のGoogleアカウントをログインに利用することができ、さらに検索結果に有料コンテンツが表示されるようになる。コンテンツはWebブラウザからアクセスできるほか、アプリなどからも利用できる。