堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が回答する本連載。今回の相談者は、美紀子さん(仮名・34歳・メーカー勤務)。

「仲がいい友だち同士、男女混合の6人で飲み会をしました。メンバーは男3人、女3人です。あまりにも楽しくて飲み過ぎてしまい、途中から記憶が怪しくなりました。一緒にいた友人の話を聞くと、家が同じ方向の男友達とタクシーに乗ったそうです。

しかし、問題は朝、目覚めたら男友達の家にいたこと。さらに、私は服を着ていなかったんです。もちろん、なぜそこにいるのか記憶もありません……。

男友達に昨晩何があったのかを聞いたら、“抵抗しなかったからOKかと思った”と言われました。私は彼とは仲のいい友達だと思っていたのに、そんな卑怯なことをされるとは、悔しいやら情けないやらで、怒りと恥ずかしさと後悔で感情が爆発しそうです。

私にはきちんと彼がいて、彼のことをとても大切にしていたのに、このような形で裏切るような真似をさせた男友達を絶対に許せない。何としてでも訴えたいです。そのためには何をすればいいのでしょうか。また、医師や警察からはどんなことを聞かれるのでしょうか」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

あなたが泥酔していて抵抗不可能な状態であったことに乗じて、性交等されたということは、準強制性交等罪の成立が考えられます。

まずは性交等の存在や、泥酔していたこと等の証拠確保が先決になります。そのためには行為の後、時間をおかず早めに医師の診察を受けてください。また、速やかに警察行くことも大切です。できれば、被害に遭ったままの服装でシャワーなども浴びず、トイレにも入らずに行ったほうがベターです。このとき、もし着替えてしまった場合は、すべての服をビニール袋などに入れて持参しましょう。

衣類や体の状態などの証拠保全はもちろん、本当に意思に反して姦淫されたものかどうかの信憑性が薄れないためという観点からも、事件発生から速やかに動くべきです。判断材料のひとつとなるのは医師の診断書なので、婦人科などを受診してください。望まない妊娠を防ぐことにもつながります。

警察や医師が何を聞くかについてですが、あなたが思い出したくないことも、多く質問してくる可能性があります。これは適切な捜査や治療をすることが目的ですので、不安や疑問は、その都度相手に伝えながら、事態を前にすすめてください。

性犯罪は大きな社会の問題です。上記にも法改正につき触れましたが、2017年7月13日、性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行されました。被害者を女性に限っていた「強姦罪」を廃止し、男性も対象に含めるとともに、行為の対象を広げた「強制性交等罪」を新設したのです。

また、従来の強姦罪や準強姦罪が被害者の告訴(被害者が犯罪事実を申告し、その訴追を求める意思表示をすること)があって初めて公訴提起できる親告罪であったのに対し、法改正により強制性交等罪も準強制性交等罪も、告訴がなくても、起訴(特に検察官が裁判所に訴訟を提起すること)できる非親告罪になるなど、被害者の負担も減るように配慮されました。

時間が経ってしまった場合でも、妊娠や性感染症などの対策をするために、婦人科などの受診は必須です。



■賢人のまとめ
まずは警察に相談を。不安や疑問を伝えながら、事態を前にすすめることが大切です。

■プロフィール

法律の賢人 柳原桑子

第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/