写真=iStock.com/BartCo

写真拡大

■「インド式」のような暗記は不要

「おみやげ算」という暗算法を応用した「超おみやげ算」をご紹介したいのだが、その前にざっと、おみやげ算についておさらいしておこう。

おみやげ算は、2ケタの数の2乗を計算するのに有効な方法である。たとえば「85×85=?」をおみやげ暗算法で解くには、まず右の85の1の位の5を“おみやげ”として左の85に渡す。すると「90×80=7200」となる。そして、その7200に、おみやげとして渡した5を2乗した25を足して、「7200+5の2乗=7225」というように、いとも簡単に答えを求めることができるのだ。

同じ要領で「24×24」を頭のなかで解いてみてほしい。まず、右の24の1の位の4をおみやげとして左の24に渡し、「28×20=560」とする。次におみやげの4を2乗した16を560に足す。つまり「24×24=576」となる。

さて今回、新たにご紹介する「超おみやげ算」は、2ケタの2乗だけではなく、「九九」に続く「19×19」までの2ケタの暗算ができるという、とても便利な計算法である。

ところで、10年ほど前に「インド式計算法」というのが話題になったのを覚えている読者も多いだろう。インド人が2ケタや3ケタの足し算、かけ算の暗算を得意としているというものだ。それを応用した計算ドリル本がベストセラーになることもあった。

インド式計算法に正式な定義はないようだが、そのベースには日本の「九九」のような暗記がある。日本では小学校の低学年で九九を覚えるが、IT大国で知られるインドの小学生はなんと「19×19」まで、暗記してしまうのだというから驚く。

■「おみやげ」を渡して、下一桁をかける

たとえば「14×18=?」を解くとき、日本人はふつう筆算する。紙にペンで書き始める前に、インド人は瞬時に「252」と答えるのだ。筆算だとケアレスミスが起きることもあるが、九九と同じように正しく暗記していれば答えは必ず正解になる。

とはいえ、インド人のように「19×19」まで暗記するのは大変だ。そこで役立つのが「超おみやげ算」である。これを使えば、日本人も「19×19」までを簡単に暗算できるようになる。

「16×19=?」で説明してみよう(図参照)。右の19の1の位の9をおみやげとして左の16に渡すと、「25×10=250」となる。次に、16の1の位の6と、おみやげの9をかけると「6×9=54」。これらを足して「250+54=304」となり、16×19の答えが求められる。

同じ方法で「14×17=?」を暗算してみてほしい。まず、右の17の1の位の7をおみやげとして左の14に渡すと、「21×10=210」となる。14の1の位の4と、おみやげの7をかけ「4×7=28」。これらを足して「210+28=238」となり、14×17の答えが求められるわけだ。

たとえば、営業先でこうした計算をする場面があったとしよう。電卓を使わずパッと答えれば、あなたはデキる人という印象を相手に与えられるだろう。社内の会議や打ち合わせでも同じだ。ビジネスパーソンにとって暗算は強い武器になる。インド人もびっくりするであろう暗算法を、ぜひ身につけていただきたい。

(志進ゼミナール 塾長 小杉 拓也 構成=田之上 信 写真=iStock.com)