20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪の編集プロダクションで働く長野百合子さん(仮名・37歳)。少しだけ茶色く染めたショートカットにシルクのシャツ、その上に羽織ったベージュのジャケットを着ています。黒のストレートパンツに7センチ以上ありそうなウェッジソールのパンプスを履いており、全体的に落ち着いた大人の女性といった雰囲気です。メイクもアイライン、マスカラなど化粧っ気はあるものの、色味は少なく、品の良さを感じます。どことなく落ち着いた雰囲気さえ感じる、そんな百合子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は京都府で、両親との3人家族です。両親とも元高校教師で、他人と比べたことがあまりなかったんですが、厳しかったと思います。両親とも『人様に迷惑をかけるな』、『なんでも1度は自分でやってから無理だと言いなさい』など、甘えることをあまり許してくれませんでしたから。でも、家族仲はそこまで悪くなかったですよ。家族旅行に出かけることもありましたし、勉強もよく見てくれましたね。おかげで、成績は上の中くらいをキープできていました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生になってからです。3年生で参加した合コンで出会った人でしたね。中学はソフトボール部で、髪も今より短い刈り上げショートで、キャピキャピはまったくしていなかったです。高校では好きな男の子はできましたが、私も何も行動を起こさなかったし、相手からも気づいてもらえずに見ているだけで終わってしまいましたね。

大学は京都にある有名私大に入ることができて、3年の時に合コンで知り合った、同い年で別の大学に通う彼氏ができました。実は、その飲み会では羽目を外してしまって、お酒を飲み過ぎて目が覚めるとその人の家にいたんですよ……。でも着衣の乱れはなく、純粋に飲み潰れた私を連れて帰ってくれただけみたいで。そんなきっかけで仲良くなり、付き合うことになりましたね」

両親の邪魔により彼との関係は……

彼との付き合いは順調に進みますが、両親の反対に遭い、別れることになります。

「彼の見た目は普通より少しさえない感じで、おしゃれにも無頓着なのか同じネルシャツばかりを着ていましたね。顔もまったくタイプじゃなかったんですが、中身は本当に優しくて好きだったんです。でも両親は、出会った日に彼の家に泊まった経緯もあり、彼に対してよく思っていませんでした。それに彼の通っている大学のレベルも、気に入らなかったんだと思います。難関大ではなかったので。

両親に直接的に別れろとは言われないものの、メールで逐一居場所をチェックされたり、休みの日には家族で過ごすことを強要されたりしました。彼とは全然会えなかったです。不満はたまりつつも、私も両親には強く言えないところがあって、そんな態度に彼も気づいて2人の仲がギクシャクしてきて、話し合いで別れることになりました。

しばらく経って冷静になれた時に、自分の中で仕方ないと思って別れたのに、両親への反発心が出てきてしまって……。私も両親と同じ教員を目指していたんですが、両親に報告せずに就職活動を行なって、別の会社の内定をもらいました。教育実習には参加したので、両親は内定をもらったことを伝えるまで教員になると思っていたと思います。内定を取り消せとはさすがに言えなかったみたいで、祝福はしてくれましたけどね」

就職先では忙しく働く中、ある男性と恋愛関係に。

「会社はDTPなどを扱う、デザイン会社です。そこでは出版物の印刷所に入れるまでの文字の流し込みや修正作業の進行管理の仕事をしていました。大阪の会社だったので2年ほどは実家から通ったんですが、通勤がしんどいということを両親に理解してもらって、その後1人暮らしを始めました。その頃には過去のわだかまりも清算されて、両親のことは大好きだったんですが、大人になるにつれて妙な遠慮が出ていて、肉親なのに距離感が掴めなかったんです。だから正直、1人暮らしはホッとしました。やっとゆっくりできるみたいな感覚でしたね。

そして、会社では同じく進行管理の仕事をしていた4歳上の男性と仲良くなりました。彼は少しぽっちゃりしていて、年齢より老けていて、熊さんのように毛深い人でした。ちっともタイプじゃなかったです。でも包容力というか、恋愛感情を持つ前から一緒にいると落ち着けたんです。彼とは自然と2人でご飯を食べに行く機会が増えて、付き合うことになりました。そして、2年ほど付き合った後に結婚しました。やっと、落ち着ける居場所を見つけたと思っていたんですけどね……」

やっと見つけた居場所は彼の隣だと思っていたが……。

幸せな結婚生活は両親から刷り込まれたものが原因で破局へ……。傷心の彼女が次に見つけた居場所とは……。〜その2〜に続きます。