記事画像

写真拡大

「今日からできるアンチエイジング」ということで、今回は身近な食品のひとつである「ハチミツ」を使ってアンチエイジングする方法をご紹介したいと思います。

ハチミツの効能というと、食べて得られるもののみを連想しがち。しかし、ハチミツは直接肌に塗ることもでき、2つの方法からそれぞれ嬉しい効果を得ることができます。

食べて得られる効果

(1)感染症を予防・改善する

ハチミツには殺菌作用があるため感染症を予防・改善する効果が期待できます。中でも優れた殺菌作用を持つのは、マヌカハニー。ピロリ菌や大腸菌などを除菌したり、乳酸菌などの善玉菌を活性化させたりする効果があるといわれています。マヌカハニーにはさまざまな規格があるので、食べやすさや目的に合わせて選ぶことが大切です。

(2)歯石を予防する

ハチミツは甘いので、虫歯など口腔環境の悪化が気になるところ。しかしハチミツには歯石や虫歯、歯周病、口臭、口腔腫瘍などを予防する効果があるといわれています。そのため口腔内の慢性的な炎症や歯周病は、糖尿病や心筋梗塞、骨粗しょう症などを引き起こす可能性が指摘されていることも合わせて考えると、ハチミツを食べることで数多くの病気を予防できる可能性があります。

(3)メタボや生活習慣病を予防する

ハチミツというと、高GI値の食品の代表格として敬遠されているような風潮が少なからずあります。しかし、これはすべてのハチミツに限ったことではありません。

確かに、甘みの強いハチミツの多くは高GI食品であることは事実のようです。しかし、その一方で国産とルーマニア産のアカシアハチミツは低GI食品であることが明らかになっています。つまり、国産とルーマニア産のアカシアハチミツにはメタボや生活習慣病を予防し、アンチエイジング効果があるということになります。

ちなみに、ハチミツには抗酸化作用もあり、ルーマニア産のアカシア、ヒマワリ、甘露、百花、ライム、シーバックソーンの6種のハチミツの中では、甘露ハチミツの抗酸化作用が最も高いことも研究の結果、明らかになっています。

このほか、ハチミツを食べることで疲労回復効果や腸内環境を整える効果、貧血を予防する効果、傷の治りを早める効果、脂肪を燃焼させる効果、免疫力を高める効果などがあるといわれています。

肌に塗って得られる効果

(1)保湿効果

肌に塗って得られる効果のひとつに、水分を保持する効果があります。この効果は、保湿成分であるグリセリンと同様であることが、山田養蜂場が運営するみつばち健康科学研究所の調べで明らかになっています(ちなみに、こちらの研究で使用されたのはルーマニア産のアカシアハチミツです)。

ハチミツの保湿効果をダイレクトに得たいなら、最もおすすめなのはパック。ハチミツを顔全体に塗り、垂れそうなら上からラップを重ねたり、化粧水をたっぷりと染み込ませたローションマスクを重ねたりするのもおすすめです。ただし、表面が乾かないように注意しながら行うことが大切。3分ほどパックしたら、化粧水や精製水をたっぷりと含ませたコットンで優しく拭き取りましょう。その後、いつものスキンケアを行ってください。

この他、ハチミツは唇にも塗ることができます。フェイスパックと同様のケアができるほか、砂糖を混ぜてリップスクラブとして使用するのもおすすめです。

(2)シミやそばかすを予防する効果

ルーマニア産アカシアハチミツを使った実験では、シミやそばかすを予防する効果も認められています。シミの元であるメラニンの産出を抑制する作用、シミの元であるメラニンを作り出す酵素であるチロシナーゼの活性を阻害する作用、ともにハチミツの濃度を高くすれば高くするほど強くなることが明らかになっています。

(3)吹き出物を予防する効果

ハチミツが持つ殺菌作用を利用して、吹き出物を予防・改善する効果も期待できます。最もおすすめなのは、手持ちの洗顔料を泡立てる時に少量のハチミツを混ぜるという方法。いつもより弾力のある泡が立ち、しっとりとした洗い上がりになります。保湿作用も期待できて一石二鳥です。

(4)真菌(カビ)感染による皮膚炎を改善する効果

水虫や頭部白癬(しらくも)、癜風(でんぷう)などの真菌(カビ)感染による皮膚炎を改善するのにハチミツは効果的であることが高知大学大学院のンガツ・ランドゥ・ロジャー氏らの研究の結果、明らかになっています。

ただ、どのハチミツでもいいというわけではないようで、アカシアハチミツに真菌感染による皮膚炎を改善する効果があり、その安全性が高いこともわかっています。なお、先にご紹介した実験では直接患部にアカシアハチミツを塗っているということでした。

ハチミツを選ぶ上でのポイントは?

(1)非加熱のハチミツを選ぶ

ハチミツを選ぶ上でのポイントはいくつかありますが、まず非加熱のハチミツを選ぶことが大切です。というのも、非加熱のハチミツには、生きた酵素やミネラル、ビタミンなどがそのまま入っているので、より効果的にハチミツに含まれる数多くの栄養素を得ることができます。

(2)添加物が入っていない天然ハチミツを選ぶ

口にするにしても、肌に塗るにしても純度の高い天然ハチミツを使用するのがおすすめ。安価なハチミツの中には添加物がいくつか入っているものもあるので、必ず裏面の食品表示を確認のうえ、商品を選びましょう。

(3)塗るならルーマニア産のアカシアハチミツ

肌に塗るなら、確かなエビデンスがあるルーマニア産のアカシアハチミツが最もおすすめです。

私たちの健康や美容に数多くの嬉しい効果があるハチミツですが、1歳未満の子どもに与えてはいけないということと、アレルギーを引き起こす可能性があることを知っておかなければなりません。肌に塗る場合には必ず事前にパッチテストを行うほか、口にする場合も体調のいい時に少量から始めて、少しでもおかしいと思える症状が出たら速やかに摂取を中止することが大切です。