松山英樹は1勝2敗で決勝進出ならず(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-デル・マッチプレー 3日目◇23日◇オースティンCC>
世界ゴルフ選手権の今季第3戦「WGC-デル・マッチプレー」3日目。1勝1敗と後がない状態で迎えた松山英樹はパトリック・キャントレー(米国)と対戦。4&3で破れ1勝2敗と決勝進出はならなかった。
世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
宮里優作はキャメロン・スミス(オーストラリア)と引き分けで1分2敗。結果、この組はスミスが2勝1分けで決勝に進出した。小平智はチャールズ・ハウエルIII(米国)に2&1で破れ、3戦全敗。
池田勇太はザック・ジョンソン(米国)に9ホールを終えて3UPとリードしていたものの、後半に追いつかれて引き分け。1勝1分1敗で、日本勢唯一の決勝進出はならず。この組はマット・クーチャー(米国)が決勝へと駒を進めた。
その他、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)、ジョーダン・スピース(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)らの敗退も決定。世界ランク2位のジャスティン・トーマス(米国)、同7位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)らが順当に決勝へ進出している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
国内ではルーキーが躍動!「アクサレディス」リアルタイムフォト