カリスマ指揮者の存在感は、死後30年近い年月が経過した現在でも全く薄れていない。写真は1983年6月18日に撮影されたもの(写真:AP/アフロ )

20世紀を代表する指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)が2018年4月5日(木)に110歳の誕生日を迎える。「楽壇の帝王」と称され、長くクラシック界の頂点に君臨したカリスマ指揮者の存在感は、死後30年近い年月が経過した現在でも全く薄れていないようだ。


この連載の一覧はこちら

彼が多くの録音を残したクラシック界の名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」では、カラヤン生誕110年記念キャンペーンの名の下に、2枚組のベスト盤のほか、厳選されたCD30タイトルとDVD15タイトルを装いも新たに発売する。さらに銀座山野楽器店では、4月5日の誕生日を皮切りに「カラヤン・パネル展」が開催され、山野楽器が所蔵する直筆サイン入りCDや当時の音楽誌、山野楽器店における世界初のサイン会風景を捉えた写真などなど、ファン垂涎の貴重な品々が初公開されるという。

生誕100年ならともかく110年といういささか中途半端な記念年にしてこの展開は、カラヤン人気の凄さを改めて認識させられる出来事だ。

クラシック界の主要ポストを独占した「楽壇の帝王」

まずはその華麗な経歴をざっとおさらいしておきたい。1908年4月5日、モーツァルトと同じオーストリアのザルツブルクに生まれたカラヤンは、4歳半の時に慈善団体主催のコンサートでピアノを演奏、神童出現と話題になったという。

1916年、8歳でザルツブルクのモーツァルテウム音楽院に入学してピアノと作曲を学び、当時師事していた巨匠パウムガルトナーに才能を認められたことが大きな転機となって指揮者への道を歩み始める。

その後、1935年のアーヘン市立歌劇場音楽監督就任を皮切りに、ベルリン国立歌劇場及びベルリン国立歌劇場管弦楽団指揮者(1939年)、ウィーン交響楽団首席指揮者(1948年)、ミラノ・スカラ座ドイツ・オペラ部門総監督(1948年)、ウィーン楽友協会音楽監督(1948年)、ザルツブルク音楽祭芸術監督(1956年)、ウィーン国立歌劇場芸術監督(1956年)、パリ管弦楽団芸術監督(1969年)などクラシック界の主要ポストを歴任または兼任してきた。

中でも極めつけは、1955〜1989年までの長きに渡って終身指揮者・芸術監督を務めたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との蜜月だろう。

世界最高の指揮者とオーケストラの組み合わせをイメージさせる「カラヤン指揮ベルリン・フィル」の金看板は、時代の寵児としてのカラヤンを大きくクローズアップする原動力となったのだ。

“カラヤンが好き”とは言いにくいほどの大人気

日本との関係も深く、1954年の単独来日以降、計11回の来日公演を行っている。その内訳は1959年のウィーン・フィル以外はすべてベルリン・フィルを率いての来日公演だ。当然ながらその人気は凄まじく、チケットを入手することが極めて困難だったことも記憶に残る。

その人気と知名度はクラシックファンのみならず一般の人々にも浸透し、その反動からか、コアなクラシックファンの間では「カラヤンが好き」と口にすることが軽薄に受け取られるようで憚られるといった奇妙な状況が引き起こされたことすらも懐かしい。

その状況は、1985年のショパン国際ピアノコンクール優勝者スタニスラフ・ブーニンがNHKのテレビ放映をきっかけに大人気となった「ブーニン現象」にも通じるところがあるように感じられる。確かにあの当時“ブーニンが好き”と言うのは何となく照れくさかったことを思いだす。

ファン心理ならぬオタク心理は実に複雑なのだ。そのカラヤンの、日本における足跡が明確に刻まれている場所が東京・赤坂アークヒルズに存在する。サントリーホール前に広がる広場は「アーク・カラヤン広場」と名付けられ、サントリーホールの設計にアドバイスを与えたカラヤンの功績をたたえる記念プレート(カラヤン財団より寄贈)が広場の壁に埋め込まれている。

カラヤンの名を冠した広場は、世界中でカラヤンの故国オーストリアの2カ所以外この赤坂アークヒルズにしか存在しないのだから価値は高い。

ではいったいカラヤンの何が凄いのだろう。その凄さを実感するために、2008年発行の「カラヤン読本」に示された数字を拾い出してみた。

録音においては、制作されたアルバム数なんと約900点。そしてその販売総数は1億枚を突破しているというのだから驚く。ちなみに1億枚のCDを積み上げると富士山79個分の高さになるのだとか。そしてその録音の内訳となる総曲目数は1189曲(再録音などを含む延べ数)。こちらは仮に1カ月に1曲録音したとして99年かかる計算だ。

単独のアルバムとしては、1995年に発売された「アダージョ・カラヤン」がシリーズ全体で全世界500万枚の販売を記録する大ヒットとなったことが驚異的だ。美しいアダージョのメロディばかりを集めたこの人気アルバムを買いに出かけたご婦人が、ヘルベルト・フォン・カラヤンの文字を見て「私が欲しいのはヘルベルト・フォン・カラヤンではなくアダージョ・カラヤンというほうのアルバムよ」と言ったという笑い話が流れたのもこの頃だ。

いやはや凄い。そもそも、現在我々が聴いているCD(コンパクトディスク)の収録時間は、カラヤンが指揮するベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」が全曲収まる時間である74分に設定されたというのだから恐れ入る。

録音だけでなくライブも凄まじい。その生涯に行われたコンサート数は、判明しているだけで3198回。これは毎週1回コンサートを行ったとして62年間かかる計算だ。まさに驚異的な数字の数々は、カラヤンが記憶だけでなく記録にも残るスーパースターであったことの証だろう。

一流のシェフが最高の材料を使って仕上げたかのよう

今回生誕110周年を記念して発売される最新ベスト盤「パッヘルベルのカノン〜カラヤン超定番ベスト」に収められた20曲は、過去の売り上げデータを元に選び抜かれた人気曲ばかりなのだとか。

「パッヘルベルのカノン〜カラヤン超定番ベスト」収録曲目
1.パッヘルベル:カノンとジーグ
2.ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」〜第1楽章
3.マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
4.ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調 作品90から 第3楽章
5.チャイコフスキー:バレエ組曲《くるみ割り人形》から〈花のワルツ〉
6.ビゼー:《アルルの女》第2組曲から〈ファランドール〉
7.スメタナ:交響詩《モルダウ》
8.チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48から 第1楽章
9.ボロディン:歌劇《イーゴリ公》から 〈だったん人の踊り〉
10.ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》より《春》の 第1楽章
11.シベリウス:交響詩《フィンランディア》作品26の7
12.モーツァルト:《アイネ・クライネ・ナハトムジーク》から 第1楽章
13.J.シュトラウスI世:ラデツキー行進曲 作品228
14.プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》から 〈誰も寝てはならぬ!〉
15.J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 から 〈G線上のアリア〉
16.グリーグ:《ペール・ギュント》 第1組曲 作品46から 〈朝〉
17.ブラームス(パーロウ編):ハンガリー舞曲集 第5番 ト短調
18.ホルスト:組曲《惑星》作品32から 〈木星 - 快楽をもたらすもの〉
19.ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 《新世界より》から 第4楽章
20.ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 《合唱》から 第4楽章

まさにまさに。この手の作品を手掛けた際のカラヤンの手際の良さと聴かせどころを把握する上手さは絶品だ。カラヤンが時代を超えて愛される理由はこのあたりにあるのだろう。一流のシェフが最高の材料を使って仕上げた料理のような名曲の数々をぜひ堪能してほしい。