FOOD COURT VENUSFORT KITCHENに登場した、「格之進ハンバーグ」。さまざまな賞を受賞した肉グルメが味わえる

写真拡大

大きな観覧車がシンボルの、お台場にある複合施設パレットタウン。その中にあるショッピングモールのヴィーナスフォートが、3月17日にグランドリニューアルオープンした。今回は、約60店舗がニューオープン&リニューアル。中世ヨーロッパの美しい町並みを模したモールに、新しいショップが仲間に加わった。

天然マグロが、リーズナブルに味わえる、丼専門店が初登場!築地から直送される新鮮な魚介を堪能しよう

リニューアルのテーマは“スマイル”。すべての人が笑顔になれる場所を目指して、「ハイクオリティ・カジュアル」、「オリジナリティ」、「こだわり」、「居心地の良さ」をキーワードに、全国&都内初出店となる飲食店などが登場。さらに居心地の良い空間へと生まれ変わった。

今回は、その中でも全国初出店となる3つのグルメに注目。「FOOD COURT VENUSFORT KITCHEN」として全面リニューアルした3階フードコートの格之進ハンバーグと、築地魚河岸 鮪どんや、1階のGRILL & BARうしすけを紹介!

■ 格之進ハンバーグ

門崎熟成肉の専門店が全国初出店した、カジュアルなレストラン。いわて南牛など岩手県産黒毛和牛のうま味を、独自の熟成方法で凝縮させた「門崎熟成肉」と、岩手県産「三元豚」の合挽肉を使用した「ハンバーグプレート」(900円)などがリーズナブルに味わえる。ほかにも、肉フェスで3連続優勝を飾った「門崎熟成肉 塊焼き膳」(2580円)や、2016年yahoo検索大賞でお取り寄せ部門賞を受賞したメンチカツが楽しめる「メンチプレート」(1080円)など、注目のメニューが集結。

■ 築地魚河岸 鮪どんや

築地市場の仲卸の鈴富が直営する、海鮮丼の専門店。仲卸がプロデュースするだけあり、使用しているマグロは、すべて天然モノ。店イチオシのメニュー「まぐろ丼」(1296円)は、マグロのほかに、数の子、甘エビ、ミル貝など鮮度抜群の海鮮がたっぷり!熱々のご飯とマグロ、醤油のマリアージュが堪能できる。

■ GRILL & BARうしすけ

肉料理専門店のうしすけがプロデュースする、カジュアルなレストラン&バー。メインの肉料理は、骨つきにこだわることで、調理するときに骨のコラーゲンなどが肉に染み込み、よりうまさが引き立つそう。人気の「アンガス牛Tボーングリル」(5200円)は、骨付きで約500g。フィレとサーロインの2つ部位が楽しめる。さらに、この店のスゴイところはペットと同じソファで食事ができるというところ。ペット専用メニューも店の厨房で作られ、アレルギー材料不使用の安全なメニューを提供している。

ほかにも、子ども服やベビー服を扱うVenus FAMILY ANNEX新エリアが3階に登場。さらに、ヨーロッパの遊具を集めた体験型屋内パークのアネビー トリムパークもリニューアルし、ファミリー向けの施設が充実している。

「東雲などウォーターフロントのマンション開発による人口増加、インバウンド、東京オリンピック競技大会、8月にオープン予定のMORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderlessに訪れる観光客など、お台場エリアを利用する人の増加が予想されています。そのため、都市生活を楽しむファミリーのニーズに応えるため、『レストラン&カフェの充実』、『アウトレット店舗の強化』、『キッズ&ファミリー向け施設の強化』に重点をおき、これまで以上に食事やショッピングがお楽しみいただけるようになりました」とヴィーナスフォートの広報。リニューアルしたヴィーナスフォートへ、ショッピングや食事を楽しみにでかけよう!【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー・北村康行)