誰かの“特別”になりたい!って気持ちって、みんな持ってるじゃないですか? 持ってますよね!(えっ、私だけですか?)でも、そんな風に誰かと繋がるのって、めちゃくちゃ難しくないですか? だってそれって相手との関係性の中で生まれてくるものだし! 自分だけ突っ走っても相手を傷つけちゃうだけかもしれないし! 相手を傷つけてまで一緒にいたいとは思わないし! っていうかそもそも自分のことまるっと知られちゃうのはなんか怖いし! 期待されても応えられないかもってびびっちゃうし! 今はSNSとかでペロッと繋がれちゃうからほどほどのとこで満足しちゃおうなーんてこともできちゃうし! みたいなことをグルグル考えちゃって最初の一歩を踏み出せないどころかむしろ後退?みたいなことばっかりしちゃいますよね・・・。

 ってすいません。いきなりハイテンションで語りすぎました。そもそもまだ自己紹介もしてなかったですね。

 初めまして。今回、JBpressに初めて文章を書かせていただく藤と申します。「ORIORI produced byさわや書店」という、「さわや書店フェザン店」と同じ盛岡のファッションビルの3Fにある書店で、BL(ボーイズラブ)の担当をしています。

『』(宝井理人著、新書館)


 今回ここで文章を書かせていただくことになったのは、普段BLを読まない女子まで悶絶させたBL界のレジェンドである『テンカウント』(宝井理人先生)の6巻(なんと最終巻!完結しちゃうのが寂しいよぉ!)が3月26日に発売(当店は3月27日に入荷)するからです! このシリーズは累計で150万部を突破していて、なんとゲーム化までされちゃうんです!(どきどきわくわく)

 BL好きのわたくしとしては、そりゃあ大好きなBLは山ほどあります。でもでも、この『テンカウント』は、わたし的にイチオシっていうだけじゃなくて、「BLって読んだことないし分かんない」「BLってただエロいだけなんでしょ。それはちょっと・・・」みたいな、BLに誤解(まあ、誤解じゃないこともあるけど 笑)を抱いている方々にもちょっと手を伸ばしてみてほしいって思ってる作品なんです! だから今回の文章は、もちろん「わたしBL大好きです!」っていう人にも読んでもらいたいんですけど、人生でBLに触れてこなかった人にも読んで欲しいなって思ってます。

 もちろん、男性の方にもチャレンジして欲しいです。以前このJBpressで、「さわや書店フェザン店」の長江が【奥の深さに戦慄!男こそ「ボーイズラブ」を読め――BLの本質はエロではない、究極の知的遊戯だ】という記事を書いています。こちらも併せて読んでもらえれば、BLの見方が少しは変わるかもしれませんよ。

 それではまず、『テンカウント』シリーズ全体の設定とか内容にちょっと触れてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

繊細で奥深い心理描写に定評のある作家さん

 社長秘書をしている城谷は、車の外に出た社長がトラックに轢かれそうになるのを目撃してしまう。その場に居合わせた見知らぬ男の助けもあって轢かれずに済んだものの、社長は骨折、男も怪我を負っているようだった。社長から、命の恩人である男にお礼をするよう指示を受けた城谷だったが、男はそのままその場を立ち去ろうとしたばかりか、城谷が使い捨ての白い手袋をしているのを見て潔癖症だと見抜き、逆に病院に行くことを勧められる。

 城谷自身も、潔癖症が治れば今より生きやすくなるんじゃないかと思ってはいるのだが、病院に行くハードルの高さも感じている。しかしそれでも、勇気を出してとある心療内科に足を運ぶと、なんとそこに社長を助けてくれた男がいた。黒瀬と名乗った男はこの医院で臨床心理士として勤務しているのだという。黒瀬は、心療内科に掛かることに城谷が抵抗を感じていることを見て取って、カフェで話をしましょうと持ちかける。そうして黒瀬は“友人として”城谷の“治療”を始めることになる。

 治療の一環として黒瀬は、城谷が「絶対に無理」だと感じる行動(例えば「ドアノブに触る」「自分の私物に他人が触る」「本屋で本を買う」などなど)を10個挙げさせ、それを一つずつ克服していくことにしたが・・・。

 さっきも書きましたけど、もちろんこのシリーズはBLとしても素晴らしいんです! 設定も絵もエロも、もう最っ高!なんですけど、そのあたりのことはもうちょっと後で触れるとして、まずはもう少し一般的な部分、つまり黒瀬くんと城谷さんの心理描写の繊細さや奥行きの深さなんかについて語ってみたいです。そもそも宝井理人先生は、そういう繊細で奥深い心理描写に定評のある作家さんで、そんな宝井理人先生がこんなにエロを!・・・っていうのはもうちょっと後で話すってさっき言いましたね。すいません!

 冒頭でも書きましたけど、やっぱり誰もが、多かれ少なかれ、誰かの“特別”になりたい、って思ってるんじゃないでしょうか。それが恋愛でも家族でも友達でもなんでもいいんですけど、自分が誰かの“特別”になれるって、やっぱりちょっとすごいことですよね。

曝け出したら受け入れてもらえないかも

 でも、そんな風に誰かと繋がることって、本当に難しいじゃないですか。特に、自分の内側に何らかの“歪み”を自覚しちゃってる人だと、なおさらですよね。

 そう、黒瀬くんも城谷さんも、どっちも歪んでいる人で、それがわかっちゃってる人なんです。歪んでるって書くと、ちょっと悪いイメージになってしまうけど、要するに曝け出したら受け入れてもらえないかもって思っちゃう、人とは違うなにか、みたいなことです。

 城谷さんの場合は、潔癖症っていう、ある意味で分かりやすい形でそれが表に出てるんです。もちろんそんな城谷さん自身には様々な葛藤があります。潔癖症の人なんてたくさんいるんだから、自分はただその中の一人として生きていけばいいと思ってる。でもやっぱり潔癖症じゃなかったらもっと楽だっただろうになぁ、とも思ってる。車に轢かれそうになった社長に手を伸ばせないでいたり、社長が「素手で触ってないから安心して」と言って手渡してくれた手帳を、それでも「ごめんなさい」と言いながら消毒してしまう自分のことがやっぱり好きになれなかったりするんです。城谷さんは、自分の潔癖症が、周囲の人を傷つけうるってことを常に意識しながら生きてきたから、その怯えを捨てて人に近づいていくことが難しいんですね。

 一方、黒瀬くんの“歪み”は、城谷さんほどははっきりとは見えてきません。治療と言いながら、城谷さんを調教しているようにしか見えない黒瀬くんの振る舞いにナチュラルな狂気を感じもするんですけど、その背景に何があるのか、すぐには分からないんです。

 黒瀬くんの過去については、巻を追うごとに明らかになっていくのでここで具体的には触れないけど、黒瀬くんは過去のある出来事をきっかけにして、自分の中にある巨大な欠損を意識させられることになってしまうんです。そのことが、黒瀬くんを躊躇させちゃいます。

 黒瀬くんは城谷さんと関わる中で、彼の存在がその欠損を埋めるのにピッタリだと分かってしまいます。だから黒瀬くんは早い段階で城谷さんに好意を明かしてしまうんですね。でも同時に、自分がカウンセラーとしての立場を“悪用”して城谷さんに近づこうとしている、とも意識しちゃうんです。そんな自分の行動に対する嫌悪感が黒瀬くんを苦しめます。それにそもそも黒瀬くんは、その欠損を埋めるべきなのだろうか、という葛藤すら抱えているように見えるんです。満たされることへの怖さっていうのかな? 満たされてはいけないんだ、っていう過剰なブレーキを必死に掛けているような雰囲気をなんとなく感じるんです。

 二人とも、“歪み”を意識してしまっているがゆえに、簡単には人との距離を縮められないんです。こういうことって、みんなにもありますよね? 普段自分が見せている姿、周囲の人から受け取られてるだろう姿と、自分がこうだって自覚している姿って、大体ズレがあって、そのズレた部分を見せちゃって大丈夫なのかって不安を抱えている人って、たぶんいっぱいいますよね? 特に、そのズレてる部分が、自分自身で認められないで隠してる部分(これが“歪み”ですよ)だと、余計怖いですよね。そりゃあ良い面ばっかり見せてますから、良い風に見てもらえるのかもしれないですけど、でもそうじゃない私が見えても、私のこと受け入れてくれますか?っていう葛藤って、一度抱えちゃうとなかなか捨てられないですよね。

 それに、自分がこう見せたいと思っている姿のまま、誰かとそこそこの深さで関われてしまうSNSなんてものがあるから、余計怖くないですか? ほらだって、リアルでの関係がなければないほど、“歪み”が見られちゃう可能性ってどんどん低くなるし。だからこそ、“歪み”を見せる怖さみたいなのがより募ってきますよね。

 そういう、誰もが抱えているような葛藤が、BLっていう設定にすることでより純度が高くなって、心にグサグサ突き刺さるんですよ! それが良い!メッチャ良い!

 黒瀬くんにも城谷さんにも過去のトラウマがあって(そう、やっぱり具体的には触れないけど、城谷さんが潔癖症になったのも、過去のトラウマが原因なんです)、それが今の自分を形作ってるっていう感覚を持ってるんです。お互いにどうしようもない“歪み”を抱えていて、それゆえに自分を認められなかったり、誰かを傷つけちゃうかもっていう怖さを抱えたりすることになるんですけど、でも黒瀬くんと城谷さんの場合は、お互いの欠損が補い合っていて、すごく奇跡的な関係なんです!

 補い合う関係だってお互い気づいてるんだなって読んでて分かるんですけど、でもだからと言って「もうくっついちまえよ!」なんて思ったりもしないんです。気づいてるけど認められない、ってことあるじゃないですか? そういうお互いが抱えている怖さみたいなものが読んでて分かるから、そうだよね、まだその辺までしか近づけないよね、っていうのが超共感できるんです! 本当に、宝井理人先生、素晴らしい!

「意味のあるエロ」と「意味のないエロ」

 宝井先生は元々、超絶的な心理描写とクラクラするような絵の美しさで人気があった作家さんで、これまでの作品ではエロ的な描写が多かったわけではないんですけど、今回のシリーズではエロも濃厚に描いてくれてるんです。

 BLは、どうしてもエロが重要視されるジャンルです。確かにエロがなくてもBLとしては成立するんですけど、実際のところ、エロがないとなかなか売れないし人気が出にくいんです、残念ながら。けど、BLのエロってある種のご褒美みたいなもので、こう言ったら語弊もあるんですけど、ストーリーと直結するわけじゃない、付け足し的な要素になっちゃってることもあるんです。ストーリーの濃密さとエロの濃密さって、なかなか共存しないことが多いんですよね。

 でも、このシリーズは違うんです! エロが作中に存在することが、ある意味で物語的に必然なんです! それを可能にしているのが「潔癖症」っていう設定で、BLと潔癖症っていう組み合わせってすごく合うんだなって思いました。

 そもそもこのシリーズでは、城谷さんが潔癖症であることが、二人の距離感をなかなか縮められない要因の一つになっていて、そのもどかしさみたいなものもすごくいいんですけど、それだけじゃないんです。城谷さんが潔癖症になった過去のトラウマというのは、ちょっとエロが関係する話なんですね。城谷さんは自分の潔癖症がエロ的な部分から生じたこともあって、自分自身のことさえ汚いと思っちゃってるはずなんです。そんな汚い自分のことなんか、他人には絶対見せられないから必死で隠してしまう。

 でも、そこを見せられなかったら、彼の潔癖症って根本的な部分からは解消しないんじゃないかなと思うんです。黒瀬くんがそのことをどこまで理解しているのかは分からないけど、でもやっぱり“治療”の中にエロが存在することで、城谷さんが自覚する汚さが必然的に(城谷さんの感覚からすれば無理矢理かもしれないけど)暴かれていく、っていう流れがすごくいいんですよね。しかも、黒瀬くんはそんな汚さをごく自然に受け入れてくれるんです。たぶんそれが、城谷さんが潔癖症を克服する唯一の方法だったんじゃないかとすら思わせちゃうところが、すごくうまいんですよね。

 このシリーズの場合、そういう潔癖症の根本原因を叩き潰すっていう「意味のあるエロ」がまず物語上存在していて、その合間合間に、黒瀬くんや城谷さんから滲み出てしまう欲望に端を発する「意味のないエロ」も描かれるわけです。このバランスが、本当に絶妙だなって思うんです! ただエロいだけじゃないんです!

 しかもそのエロを、超美麗イラストでやってくれちゃってるんですよ! これ、マジでヤバいですよ! いいの?こんなの見ちゃっていいの?っていう、ムズムズした感じがあるんです! BLって、特に普段BLを買わない人からしてみたら、表紙的に買いづらいって感じるだろうなっていうのは分かるつもりですけど、このシリーズはそこまで過激じゃないし、何より綺麗! 表紙があまりに綺麗だから、『テンカウント』を少女コミックの売り場で展開してた書店もあるみたいですしね。売る側としても目立つ場所に置きやすいし、そもそも潔癖症という題材に対して、この美しすぎる絵柄がすごくマッチしているのもあって、もう言うことなし!って感じです。

 もともと腐女子(BLを愛する女性のことです)じゃなかった人でも、絵めっちゃ綺麗じゃん!と思って手にとってみて、丁寧に進んでいく1巻の展開に惹き込まれて、途中出てくるエロに少し驚いたかもしれないけど、それでも、城谷さんの小動物的可愛さと黒瀬くんの覇王的かっこよさに萌えさせられてハマっちゃった人も結構多いんじゃないかなって思います。

 あとBLの場合、「こんなのあり得ない!」って思われちゃうこともあるみたいで、ちょっとそこは難しいなっていつも思います。ファンタジーなんだ、って思って読んでもらえたらいいなって思うんですけど、このシリーズでも、“カウンセラー×患者”ってダメでしょ、こんなの全然”治療”じゃないじゃん、みたいに思われちゃったりする可能性もあるんだろうなって思うんです。

 このシリーズの場合、私のオススメは、「SMって設定の中に、潔癖症という要素がある」と思って読んでもらうことです。黒瀬くんのやっていることは“治療”というよりほぼ“調教”だし、精神的に辛いことをさせて、乗り越えられたらご褒美をあげるっていう関係性はまさにSMって感じしますしね。まあ、SMみたいな強い言葉を使わなくても、彼らの関係性って、相手を許したり許されたり、相手を受け入れたり受け入れられたりするやり取りの積み重ねでできてるし、それが物語の設定上“治療”という呼ばれ方をしているだけなんだと思ったら、物語を受け入れやすくなるんじゃないかな。

 みたいな感じでいろいろ書いてみましたけど、本当に読んでほしいなぁ、『テンカウント』。BL好きになってくれとは言わないから、『テンカウント』はぜひ読んでほしいです!

筆者:藤 菜摘(さわや書店)