トランプ氏、歳出法案に「拒否権発動を検討」 壁建設費など不十分と指摘

写真拡大

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、1兆3000億ドルの歳出法案について拒否権の発動を検討していることを明らかにした。メキシコとの国境の壁建設費用や不法移民の子どもの救済制度「DACA」プログラム向け予算が十分でないと指摘した。

トランプ大統領はツイッターで「民主党が80万人を超えるDACA受益者を完全に見捨て(法案に言及さえなかった)、米国の防衛に切実に求められている国境の壁建設費用が不十分であることから、包括的歳出法案に拒否権を発動することを検討している」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)