上質なお店が勢揃い!
晴れの日デートにぴったり!おすすめのグルメ散歩@自由が丘

自由が丘は、パティスリーやカフェ、フラワーショップなどが集まる洗練された街。デートにぴったりなスポット。1日楽しむなら美味しいお店はチェック必須。時間帯に合わせて楽しめるおすすめ店をご紹介します。

1.ランチは人と人をつなぐ、町のスープ屋さんで〈also Soup Stock Tokyo〉

駅近く、人通りの多い繁華街に現れるガラス張りの3階建てのこちらのお店。外が気持ちのいい季節には、1階が土間のように全面オープンに。日当たりのいい空間は天井も高くて開放的で居心地最高。

ここは全国に70店舗を展開する〈スープストックトーキョー〉による新店舗。スープのある一日〞というコンセプトはそのままに、自由が丘の町になじんで、ゆっくりと、各々の時が過ごせるように設計されている。

メインのスープに、一口スープ、小さな野菜の前菜が2種類ついたブランチプレート。パンもしくはキヌア入りのごはんが選べる。「赤ワインのボルシチ」1,450円

2.一息つくなら、パリの味が楽しめるベーカリーで〈Toshi Au Coeur du Pain〉

店主の川瀬敏綱さんが、朝食に焼きたてパンを楽しむフランスの文化ごと伝えたいのだと話すこちらのお店。

対面式のカウンターにはシンプルなパンがたくさん並んでいる。どれにしようか迷ってしまうけど、スタッフが味のことから食べ方まで教えてくれるので気負いなく猝造〞を楽しめる。

昼時にはタルティーヌやホットドッグなどの惣菜パンも焼き上がる。小さなカウンターのイートインでは〈カフェテナンゴ〉に特注したコーヒーも楽しめる。飲みながらお目当てのパンの焼き上がりを待つのもよい。

看板メニューのバゲットは1 日約100本、週末には200本、トラディションを入れて300本は出るという人気。

3.ディナーは、おいしく背伸びせず和めるトラットリアで〈Trattoria motomu.N〉

小道にこぼれる温かな光に導かれるように、人が集まる店がある。

店主の永藤求さんが目指したのは、たまにではなく、定期的に来てもらえる店。カウンターで前菜のハムやカルパッチョをつまみながら軽く飲むのもいいし、ゆっくり食事するのもいい。

メニューは前菜、パスタ、メインまで入荷した旬の素材に合わせて日ごとに変わる。

3種類からパスタを選べる昼のランチも980円〜とリーズナブルなのも魅力。

定番、自家製豚肩ロースハムの前菜はワインにぴったり。

ワインはグラス650〜950円

(Hanako1120号掲載:photo:Taro Hirano text:Asuka Ochi)