エイリアンとの見方も出ていたチリのミイラ 骨疾患の人間と判明

ざっくり言うと

  • チリのアタカマ砂漠で2003年、身長が15cmほどのミイラが発見された
  • エイリアンの可能性も指摘されたが、米国の研究チームは22日に論文を発表
  • ゲノム解析の結果、骨疾患を持つ人間のものであることが判明したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング