「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、外資系企業のインターネット関連会社でディレクターとして働いている明日香さん(仮名・35歳)。

明日香さんは、くせ毛風のウェーブがある髪を肩までのボブにし、ブラウンを基調としたオフィスメイクには、黒縁メガネが似合っている。ベージュのトレンチコートにブラウンのVニット、紺色のレース柄タイトスカートには、薄い黒タイツに5センチヒールのパテントパンプスを合わせていた。彼女は一見すると、独身のキャリアウーマン風の雰囲気。しかし、10歳の娘がいるシングルマザーだ。

「出産した後に、再就職をしてからもうすぐ10年なんです」

そう語る明日香さん。周りは30代を過ぎてから、結婚や出産ラッシュを迎え、しばらく疎遠だった友人からも育児の悩みなどで連絡が来るようになったという。

明日香さんは、東京都出身。都下ではあるが、父が購入したマンションで育った。中規模の印刷会社に勤務していた父と、内装業者で事務をしていた母、2歳上の兄の4人家族。両親がともにシフト制の共働きだったため、幼い頃は土曜日も保育園や親せきの家に預けられていた。小学校に上がると、兄と一緒に留守番することも多く、家にいるときは図書館から借りた本を読んで過ごしたり、両親が買い与えていた英語の教材のビデオを何度も繰り返し見ていた。

中学に進学すると、テレビで見た映画に出ていた英国人の俳優に興味を持ち、英会話のラジオを聞くようになった。「いつか字幕や吹替無しで理解できるようになりたい」と塾の勉強だけではヒアリングは足りないと思い、独学で勉強に励むようになった。海外留学をしたいと考えていた明日香さんは、都内でも有数の英語教育に力を入れていた高校に進学した。高校は自由な校風で、帰国子女や留学生も多く、大好きな英語を学びながら国際交流もでき、のびのびと過ごせた。高2の時には、アメリカにある姉妹校に語学研修に行くこともできた。多種多様な経験をした同級生と出会えたことが、シングルマザーでありながらキャリアも諦めない生活に影響している。

外資系金融会社に入社するも、仕事ができずに上司から嫌味を……

高校時代は、英語のスピーチコンテストに参加し優秀な成績を残した。実家では専門学校に通う兄と部屋を共有していたため、カラオケボックスに1人で入り、鏡で自分の口元を確認しながら発音の練習をした。大学は、推薦で有名私大の英文科に進学した。同じ高校から進学した生徒も多かったため、高校の延長のように勉強を続けられた。大学では国際ボランティアに参加し、学習困難の児童たちに勉強を教えた。中学生の頃はキャビンアテンダントのような海外に行ける仕事に憧れていたが、自分の英語力を生かすには外資系企業や商社のようなビジネス英語を主流とする企業の方が向いているのではないかと考えた。

大学院へ進学したい気持ちもあったが、大学院を出た後の就職率を調べてみると、大卒で就職した方が有利だと思い、大学3年になると就活に本腰を入れ始めた。年1回のペースで受験していたTOEICのほかに、国連英検や高度なビジネス英語の知識が必要となるBULATSなども在学中に受験し、高スコアを目指した。OB訪問をして実際にどういう社風なのか確認し、外資系企業を中心に就活を行なった。その結果、保険会社や証券などを扱う金融会社から内定が貰えた。女性も男性同様に激務なのか不安があったが、給与などの条件に惹かれて外資系の金融会社に入社した。

入社すると、営業部へ配属となった。英語力には苦労はしなかったが、専門分野の知識がかなり不足していた。機関投資家向けに金融商品の提案をし、債券売買に関する手続きを行なうのが主な業務だったが、それまで株や投資については本を読むだけで、英語ほどのスキルはない。実業務に必要なことでわからないことがあると、その都度メモを取って調べたり、莫大な資料を読んだりと業務以外の部分で時間が掛かってしまった。

職場の同じ部署には、女性社員が3人だけ。新卒の明日香さんとは立場が違い、入社して10年近いアラサーの女性たちだった。みんな気が強く、自分ができたことが彼女にできないと“今まで説明した時間の無駄”と、厳しく批判された。業務によっては、英語と日本語の両方で資料が必要で、関連部署が多くメールや電話応対をこなすだけでも一苦労だった。英語力は優れていた彼女だったが、法律に関係することやデータから情報を分析するのは苦手だった。そんな時、法務部にいた5歳年上の男性社員が仕事の相談に乗ってくれるようになった。

「マイクなしでも聞きやすいようにと、英語スピーチの練習のし過ぎで、喉が痛くなったことも懐かしい思い出」と語る明日香さん。

温厚そうな年上男性が実はDV!?望まぬ妊娠からシングルマザーへ。子育てしながらキャリアアップの道を……〜その2〜に続きます。