片山正通に聞く、アートの楽しみ方

写真拡大 (全5枚)

2017年9月、米ニューヨークにて、日本を代表するインテリアデザイナーであり、ワンダーウォール代表の片山正通が所有する70点におよぶ作品のオークション「Life is hard… Lets go shopping.」が開催された。

日本人による、シングルオーナーセール(ひとりの所蔵コレクションを販売)が行われたのは、ニューヨークでは初。なかには3億円超の落札価格がついたものもあった。

大好評だったというこのセールを終え、あらためてコンテンポラリーアートとはなにか、作品を所有することはどんな意味を持っているのかを、片山正通と、今回のオークションを主催したフィリップス日本代表・ディレクターの服部今日子、元サザビーズ ジャパン代表取締役社長でアートアドバイザリーであるAKI ISHIZAKA代表の石坂泰章が振り返った。

洋服を買うような気持ちでアートを買う


ワンダーウォール代表の片山正通

石坂:片山さんのオフィスは非常にクリエイティブで楽しい空間ですね。ファインアートもあれば、初見の人にとってはよく意味が分からないものもあって、片山さんの自由な感性を感じさせます。クリエイティブなお仕事柄、この空間にあわせて作品を蒐集されたのでしょうか?

片山:いえ、空間よりも作品の方が先です。昔から気に入ったものはすぐ買いたくなるほうだったので、いつの間にか作品がすごく増えて、数百点とかになってしまって。最初は倉庫に預けていましたが、やっぱり常に眺めていたい気持ちがあり、それらを置く場としてこのオフィスを建てたんです。

服部:プライベートミュージアムですね。

片山:そんな大げさなものではないけれど、いちばん長い時間を過ごす場所なので心地よい空間にしたくて。ぼくはアートを、音楽やファッションと同軸で考えているんです。というのは、もともと音楽が大好きで、レコードのジャケットでロバート・ラウシェンバーグやアンディ・ウォーホルを知ったのがアートに触れるきっかけになった。だから洋服を買うのと同じようにアートを買う、って言ったらかっこつけすぎかな。まあ、値段は高いんですが(笑)。

ぼくにとってのアートは「美術」っていうのともちょっと違います。ぼくにとって作品を買うことは、アーティストの考え方を共有させてもらうという行為。そのカッティングエッジなコンセプトによって刺激されたり、励まされたりするので、アートはまるで友人のような存在です。

日本人で稀に見るシングルオーナーセールを開催


フィリップス日本代表・ディレクターの服部今日子

石坂:アートといえば、「観る」「買う」、そして「売る」というつきあい方がありますが、片山さんは昨年初めてコレクションを売りに出されたのでしたね。

服部:私が日本代表を務めるフィリップスの主催で、片山さんのシングルオーナーセールを昨年9月にニューヨークにて開催しました。日本の個人の方のお名前が冠についたシングルオーナーセールはフィリップスとしてはもちろん、他にも多くのオークションハウスがあるニューヨークでも初めてでした。

石坂:フィリップスはコンテンポラリーアートに特化したオークションハウスですね。

服部:石坂さんが代表を務めていらしたサザビーズジャパンや、クリスティーズのような大規模オークションハウスとは違って、扱う品は20世紀以降のモダンおよびコンテンポラリーアート、そしてデザインに主なフォーカスを絞っています。

片山さんのコレクションも同時代性のある作家中心でしたが、片山さんというフィルターを通すことで、その作品に新たな価値が見出されたのだと思います。ファインアートもあれば、そうでないものもあり、一種のセレクトショップのような楽しいものになりました。

石坂:片山さんは目利きですから。

片山:ぼくは売りたくなかったんですけどね(笑)。でも、せっかく売るならオークションを1つのプロジェクトと考え、70点を一堂に集めることでひとつの世界観を伝えることができればと思いました。

石坂:オークションの最中はどんなお気持ちでしたか?

片山:寂しいのとうれしいのと。そして自分の見つけたものに価値を見出して高く買ってもらえるという刺激的な興奮と。あっという間の1時間でした。

アートは経営者にどんな影響を与えるか


写真を見て即購入したというエイドリアン・ゲイニ―

石坂:こんなクリエイティブなオフィスにいると、どんどんアイデアも湧いてきそうですが。

片山:ぼくの好きなコンセプチュアルアートはその物理的な存在というより、背景にあるストーリーや哲学もひっくるめて魅力なんです。既成概念を打ち破ることを教えてくれる、先生のような存在ですね。素材自体を作品にしてしまうような転換力や、ある種の破壊力があったりして、本当に学ぶことは多いです。

服部:既存概念とは違ったパラダイムで考えるきっかけになるということですね。最近では20代〜40代の若手経営者の方がコンテンポラリーアートを多く求めてくださっていますが、同じ効果をビジネスの世界でも期待されているように思います。

片山:ぼくやその方々にとって、アートは飾りじゃないんです。

石坂:それは名言ですね。ところで、片山さんはどこでアートをお買いになるんですか。

片山:ぼくはどこでも。アートフェアでもギャラリーでも、直感で買います。先日のオークションで売れたエイドリアン・ゲーニーなんて、海外から携帯に送られてきた写メで即決しました。ぼくはその時ゲーニーの名前も知らなかったけど、「これだ」と。


AKI ISHIZAKA代表取締役社長の石坂泰章 

石坂:美術館にもよくいらっしゃるんですか?

片山:行きますよ。でも楽しさは違います。だって美術館にある作品は買えないから、刺激に欠ける(笑)。

服部:片山さんはいわゆる、アップ&カミングな作家がお好きですね。

片山:コンテンポラリーアートの面白さとして、作家が同じ時代を生きているということが挙げられると思います。作家がどのように進歩していくかを見るのも楽しいし、その作品を買うことで、作家や世界のコレクターたちともつながっていく面白さもあります。でも、魅力はそれだけじゃない。理屈ではない部分も大きいです。

石坂:エドワード・ホッパーの言葉で終わるなら、「言語と数字ですべてを語ることができるならアートは要らない」ですね。

片山正通◎インテリアデザイナー。株式会社ワンダーウォール代表。武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 教授

服部今日子◎フィリップス日本代表・ディレクター

石坂泰章◎アートアドバイザリー。元サザビーズ ジャパン代表取締役社長。AKI ISHIZAKA代表取締役社長。東京藝術大学非常勤講師