何かと話題の稲村亜美も登場「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」でプロ野球開幕直前イベント開催!

写真拡大 (全2枚)

2018年3月22日に、未来創造型スポーツエンターテインメント施設「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」にて、プロ野球開幕直前イベントが開催された。会場には野球大好き芸人ますだおかださんと稲村亜美さんが登場。野球観戦スタイルの新旧事情を語り合う、迫力の“デジタル始球式”も行われた。稲村さんが全力の神スイングを披露、岡田さんは“カミカミ”実況となった。

当日は入場するやいなや司会の上田まりえさんから「ちゃんと打席に立ってください」と立ち位置を注意されると岡田さんは「お笑いのホームベースが見つかりません!」と話し、会場を笑いの渦に包んだ。ますだおかださんはそれぞれ阪神ファンとオリックスファンであることを明かし、「野球以外にもスポーツをされていたのですか」という質問に増田さんは、元プロ野球選手の掛布選手に憧れて野球をはじめ、その後タイガーマスクに憧れて空手、柔道、そして漫才に落ち着いたと異色の経歴を披露。対する岡田さんは小学校2年生からリトルリーグで野球をはじめ、野球一筋のスポーツ経歴を話した。

続いて、昨年も多数の始球式に出演し、神スイングで知られる稲村亜美さんも登場。稲村さんは「今年は何試合の始球式に参加するんですか?」と聞かれると「143試合ですね」とお茶目にコメントし、すかさず「全試合やん(笑)、職業何なの?」と岡田さんからのツッコミを入れられていた。そして今年は自身の最高記録である球速103kmを超えたいと始球式タレントとしてのプロ根性をみせていた。

神スイングをキープするために普段、どのくらい練習しているのかという質問には、シーズンがはじまるので最近また体を鍛え始めたと答え、野球選手も顔負けの意識の高さにますだおかださんも驚いている様子だった。

囲み取材では、「そもそもなぜオリックスファンなのですか?」という質問に対し岡田さんは「父親が元々阪急のファンで、一緒に見ているうちに自分も阪急ファンになった。」と話した。

阪急ファンは珍しいという話しになると「阪急ファンをツチノコみたいに言うな!」と岡田さんからのツッコミが入り、会場を笑いで包んだ。DAZNの活用法について、稲村さんは「見逃した試合や良いプレーを繰り返し見れるのでぜひ活用してください。」と話し、増田さんは「DAZN for docomoがあれば皆さんのポケットにスタジアムがあります。」と一言。すぐさま岡田さんは「みんな見るダゾーン!」とダジャレで締めくくった。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・Renta!スタッフが本気で選んだ今最も熱いコミックを全力でオススメするランキング「2018年Renta!大賞」を発表
・NICT、光格子時計を利用した高精度な時刻標準の生成に成功
・Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催
・自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開
・吉本興業のeスポーツ事業「よしもとゲーミング」始動