モノタロウは初の実店舗で約2000商品をAI検証する

写真拡大

 オプティムとMonotaRO(モノタロウ)は、無人店舗の実証実験を4月2日に始める。モノタロウが実店舗を構えるのは初めて。人工知能(AI)による安全性向上や売れ筋商品の分析などを検証する。実証を進めながら都市部や中小企業が集積する地域での店舗開設について検討する。

 実証店舗はオプティムの本店がある佐賀大学構内(佐賀市)に置き、学校関係者以外も使える。取り扱うのは工具や資材、作業服など約2000商品。専用アプリで入店コードを発行する。

 購入したい商品のバーコードを読み取り決済する。カメラを設置して不正行為をAIで判断するシステムや入店者の属性分析を検証する。