人気カフェのアフタヌーンティーに、エスニック好き必見の南インドカレー…
気分にぴったりのおしゃれ女子会が叶う!銀座のおすすめ2軒

銀座で女子会と一口に言っても、そのバリエーションはとっても豊富!ゆったりソファ席でアフタヌーンティーが楽しめる人気カフェに、ハイレベルな南インドカレー店がひしめくこの街ならではの名店…Hanako創刊30周年記念特大号『特別保存版 大銀座百科事典』「銀座」より、気分に合わせて使い分けたい、おしゃれ女子会にぴったりの2軒をピックアップしてお届け。

1.〈bills 銀座〉

いまや日本で8店舗、世界でも18店舗を展開する〈bills〉だが、アフタヌーンティーは世界の中でも唯一、銀座店のみで提供している。創業者であるビル・グレンジャー氏が現在暮らしているロンドンの文化に影響を受け、世界中の食のトレンドを詰め込んだというメニューは、その美しさに、どれから食べようか迷ってしまうほど。アボカドのオープンサンドにはパクチーが入っていたり、ライムマカロンの中には塩キャラメルのガナッシュが入っていたり。甘さとさわやかさ、ハーブ使いが絶妙で、味もバラエティ豊か。人気の「リコッタパンケーキ」ももちろんついてくる。〈リチャード・ジノリ〉の取り皿は華やかな和柄、繊細なカップは有田焼、スタンドや紅茶のポットはロンドン製の特注品というこだわりよう。

銀座の街にふさわしく、大理石のテーブルやレザーのソファはシックで大人の雰囲気。紅茶だけでなく、2時間限定のシャンパンフリーフロー(1名4,000円)を頼んで、優雅に過ごす人も多いのだとか。

〈bills 銀座〉
オープン以来、大人気のアフタヌーンティーは1名3,500円とお値打ち(オーダーは2名〜。12:00〜19:00限定)。予約がオススメ。
■東京都中央区銀座2-6-12 Okura House 12F 
■03-5524-1900
■8:30〜23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO) 不定休 
■145席/禁煙 

2.〈Bangera’s Kitchen〉

南インド料理が一大ブームを巻き起こしたのは、2000年代に入ってすぐ。次々とレストランが数を増やし、銀座界隈は特に実力店が多く集まるエリアに。今年1月にオープンしたこちらは、食の宝庫とも例えられる、南インドのカルナータカ州・マンガロールの料理をフィーチャーしたお店。

まずはスターターに、伝統料理の「チキンウルワル」(上中央)を。数種のスパイスとカシューナッツでチキンを炒めたドライタイプの料理で、チリの辛さとフレッシュカレーリーフの爽やかさが、スパイス好きの胃袋を鷲づかみに。マンガロールはアラビア海に面した港町のため、魚介類も豊富に使う。名産品のココナッツとスパイスでハマグリを炒めたり(同右)、カサゴのセモリナ粉フライがあったり。「スッカ」「ガッシ」など、聞き慣れない謎めいたメニュー名が興味をそそり食欲に火をつける。「辛い! おいしい! スパイシ〜!」と、汗をかきつつお酒を飲むうちに、恋の悩みも忘れてさっぱり発散できるかも!?

〈Bangera’s Kitchen〉
中央の丸皿は「こだわりのフィッシュターリ」2,685円。皿の中央はブラウンライス。フィッシュビリヤニも人気。
■東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 2F 
■03-3561-5516
■11:00〜15:00(14:45LO)、17:00〜23:00(22:30LO) 不定休 
■25席/禁煙 

Hanako『大銀座百科事典』特集では、銀座の素敵なお店を多数ご紹介しています。

〈bills 銀座〉P54掲載
〈Bangera’s Kitchen〉P68掲載