<WGC-デル・マッチプレー 初日◇21日◇オースティンCC>
世界ゴルフ選手権の今季第3戦「WGC-デル・マッチプレー」2日目。初日に宮里優作に勝利した松山英樹はオーストラリアのキャメロン・スミスと対戦。9ホールを終えて1UPとリードして折り返した。宮里はパトリック・キャントレー(米国)と激突。8ホールまで終えて2UPのリードを許している。
世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
その他の日本勢、池田勇太はマット・クーチャー(米国)に1UPで敗戦。小平智はフィル・ミケルソン(米国)に16番までリードしていたものの、上がり3ホール連続でポイントを獲られて逆転負けを喫している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ドミニカでもPGAツアー開催中「コラレス・プンタ・カナR&C選手権」リーダーボード
畑岡奈紗メジャー行きなるか!?「キア・クラシック」リーダーボード
倉本昌弘が日本プロゴルフ協会会長再選 他団体のパワハラ問題に言及
東京五輪ゴルフ競技は再び個人戦へ リオからフォーマット継続の見通し
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”