英家電メーカー・ダイソンでは、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏によるゴーサインが出なければ、製品化はされない(撮影:今井康一)

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」のキャッチコピーで知られる英家電メーカー、ダイソン。1993年に、インダストリアル・デザイナー兼エンジニアのジェームズ・ダイソン氏が創業した。最近では毎年600億円を研究開発に投じるテクノロジー企業として、デジタルモーターを中心としたさまざまな技術を進化させてきた。
その結果、掃除機のみならず、羽のない扇風機「クール」、穴の空いたヘアドライヤー「スーパーソニック」など、さまざまな製品を生み出してきた。3月20日には、吸引力を向上させ、60分間充電が切れないコードレス掃除機「ダイソンサイクロンV10」を発表した。価格はグレードによるが、およそ7万円〜10万円。記者会見で登壇したダイソン氏は、「すべてのコード付き掃除機に取って替わる」と語った。
さらに、2017年には20億ポンド(3000億円)を投じてEV(電気自動車)開発に参入することも表明。2020年には最初の製品がお目見えする予定だ。単なる家電メーカーにとどまらない展開を始めたダイソン。はたして、EV参入に勝算はあるのか。創業者で同社のチーフ・エンジニアを務めるジェームズ・ダイソン氏に話を聞いた。

コア技術はモーターとバッテリー

――ダイソンのコア技術は独自のアルゴリズムによるデジタル制御を行うモーターと、バッテリーにあるかと思います。新型コードレス掃除機に搭載されたものは何が進化したのでしょうか。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新しいモーターは設計をゼロから見直し、7年かけて開発した。材料にセラミックを使うことで、強度を従来比で3倍、重さを半分にしつつ、毎分の回転数を1万5000回増の12万5000回にすることができた。今後もさらに軽量化を進めたい。

リチウムイオン電池も最新だ。これまで、電池を増やすと電圧が下がってしまうのが課題だった。そこで今回は、重量を増やさずに稼働時間を延ばすために、エネルギー密度(一定重量当たりの蓄電容量)を高めたバッテリーを開発した。


今回発表された新型コードレス掃除機「ダイソンサイクロンV10」(撮影:大澤誠)

結果、(従来モデルよりも20分長い)60分の稼働時間を実現することができた。バッテリー切れに煩わされることなく、家中を掃除することができる。モーターとバッテリーの双方がうまく連携することで、革新的な掃除機になった。

――モーターの開発・製造には、過去15年間で累計3億5000万ポンド(約510億円)と巨額の投資をしています。開発した技術は、掃除機以外、たとえば現在開発中のEVにも応用できるものですか。

2016年に発売したヘアドライヤー「スーパーソニック」には、このモーターの技術が応用されている。EVにどのように応用するかは詳しく言えないが、何らかの形で研究の成果を活用する。

(家電と)EVのモーターは大きな違いがあり、自動車用途に到達できるかが課題だ。もしかしたら、従来とはまったく違う形になるかもしれない。

――そもそもこれまで家電を作ってきたダイソンが、EVに参入する理由は何なのでしょう。

根本には、自動車の排気ガスによる大気汚染への問題意識がある。ダイソンは1990年から10年をかけ、サイクロンフィルターの研究をしてきた。ディーゼル車の排気システムに取りつけて有害物質が出て行くのを防ぐものだが、製品化には至らなかった。ディーゼルはガソリン車よりも環境に優しいということで、EU(欧州連合)が「クリーンディーゼル」を推奨したからだ。


ダイソンが強みを持つデジタルモーター。独自のアルゴリズムによるデジタル制御を行う(撮影:大澤誠)

その後、2015年には独フォルクスワーゲンによる排ガス不正問題が発覚した。自動車メーカーが大気汚染問題の解決に真面目に取り組んでいなかったことが明るみに出ている。

もう1つの理由は、自動車がわれわれのテクノロジーのアウトプット先として格好の製品だということ。僕は”石油派”ではないが、クルマという製品として技術を活用するのはありだと思った。

今、自動車は変革の時期を迎えている。ダイソンは大気汚染問題への対応に加え、(コア技術である)モーターと電池、加えて自動運転システムなど、新しい技術の研究も着々と進めている。今、手元にはEVを作るためのあらゆる技術があるといっても過言ではない。

英高級車メーカーからも人材を呼び寄せる

――環境問題の改善が目的であれば、ある程度量産することが必要です。販売台数はどの程度と考えていますか。

販売台数は、どれくらいお客さんが買ってくれるかによるだろう。もちろん、社会で普及するに越したことはないが、自動車のビジネスはまだ始めたばかりだ。


新型掃除機の発表会で、ジェームズ・ダイソン氏は自ら実演してみせた(撮影:大澤誠)

――ダイソンの自動車事業には現在400名のスタッフが働いており、研究開発人員を300人追加補充するとのこと。英高級車メーカーのアストンマーチンから来た人もいるとか。

アストンマーチンから来た人が何人かいるのは確かだ。もちろんそれだけではない。詳しいことは秘密だ。

――2015年には米ミシガン州のベンチャー「サクティ3」を9000万ドル(約100億円)で買収し、次世代のEV電池といわれている「全固体電池」の研究開発も進めています。その進捗状況は。

これも発表するにはもう少し時間がいる。私ですら、待っている立場だ。残念ながら、EVの開発に関する情報は機密性が高く、答えられない。重要な新事業なので、他社にまねをされるのは大きなリスクだと考えている。

――2017年には、英国本社の敷地内にダイソン工科大学が開校しました。企業が自らエンジニアを教育する理由とは?

ダイソンは、2020年までにエンジニアの数を2倍にしたいと考えている。だが英国は深刻なエンジニア不足に陥っており、技術開発の妨げになっている。そこで、自社で問題解決に取り組むことにした。教育機関ではあるが、学生には給与を支払い、実際の研究開発にも携わってもらう。卒業したら、大卒と同等の給与が支給される。来年度は900名の応募があり、当初の定員(25人)から50人増やすことにした。


ジェームズ・ダイソン(James Dyson)/1947年生まれ。ロンドンのバイアムショー美術学校に在籍後、王立美術大学へ進学。インダストリアルデザインとエンジニアリングを学ぶ。1970年、エンジニアリング会社ロトーク社に入社。上陸用舟艇シートラックを開発。独立後、サイクロン技術の開発に従事。1986年に世界初のサイクロン型掃除機を開発。1993年にダイソン社設立。2006年にナイトの称号を与えられる(撮影:今井康一)

人間は、若いほど創造性が豊かだ。そのため、ダイソンは新卒の学生を中心に採用しており、エンジニアの平均年齢は26歳。私は専門家が嫌いだ。何かを1からインプットする、まったく新しいアイディアを考えるといった柔軟性がないからだ。一方、学生と接していると、「そう来たか」とうなるような斬新な発想が沢山出てくる。

ただ政府は、学生が実用的な「工場」で学ぶことに必ずしもいい顔をしない。

「後継者は息子になる」と明言

――ベンチマークしている企業はありますか。ハードウエアを造っている会社として、たとえば米アップルとか。

デザイナー、エンジニアとして、自分の作りたいものを作ってきたので、他社のことはあまり意識していない。アップル? あまり比較して考えたことがない。ただ若い頃は、日本のソニーやホンダはすごいと思った。今はわからないが、両社の創業期は、技術面でも尊敬したし、ものづくりでも想像の域を超えるような斬新なものを出していた。

――エンジニア集団の陣頭指揮をとっているダイソン氏ですが、現在は70代です。後継者の育成についてはどう考えていますか。

私の後継者という意味では、息子(ジェイク・ダイソン氏)に継承することに決めた。彼は、LED照明事業のエンジニアであり、2015年からは経営のボードメンバーにも加わっている。

――創業家のほかにCEOがいます。経営をするうえでどのように役割分担しているのでしょう。

私や息子の役割は、エンジニアと共に働いて製品を進化させ、彼らを統率することだ。また会社のオーナーでもある。それ以外の経営判断は、CEOが担っている。

――家族経営の利点とは

創業家が株の大半を持つことで、テクノロジーが会社の中心という哲学を持ち、長いスパンでの経営をすることができる。上場もしないので、株主をはじめ誰にもやりたいことを制限されない。これが、私がダイソンを成長させていくうえでベストだと思う唯一の方法だ。