川崎市・老人ホーム連続転落死裁判の裁判員「何もかも難しかった」

ざっくり言うと

  • 22日、川崎市の老人ホーム連続転落死事件の裁判で、地裁は死刑を言い渡した
  • 取り調べ時のDVDの再生については「参考になった」と裁判員の男性
  • 「僕にとって何もかも難しかった」と、もうひとりの裁判員の男性は話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング