【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(4月号・後編)

写真拡大 (全12枚)

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

女性誌「ar(アール)」の見所をオトコの(というよりは僕の)独断と偏見で紹介していく当コーナー。

前編に引き続き、今回も「ar(アール)」4月号のミドコロを徹底解剖していこうと思います!

本田翼がスゲェって話をもう一度したい

前編でも話したんですけど、今月号は本田翼さんが表紙です!!
で、後編の原稿を書くために本誌をよく見ていたら気付いたんですが、

今月号の「ar(アール)」、両面とも本田翼になるように広告合わせてきてるー!!

表紙と背表紙で本田さんの雰囲気が天使と悪魔かな?ってぐらい真逆に来ているの、中2感があって最高でした。好き。

そんな最高な本田さんなのですが、前編では少ししかお伝えできなかった本田翼語録が神すぎてヤバいので、改めて紹介させてください。まずはこちら!

 “「でも」って言わないこと! まずはやってみる! 自分だけのつまらないこだわりや考えで物事を制限するのは、あまり好きじゃない”

一言目からもう読者の背中を押しまくり。ここまで売れまくってる本田さんが言うからこその説得力。完全に“「でも」禁止令”出していきたくなっちゃいました。

さらに、今回のインタビューでは本田さんのご家族の話が何度か登場するのですが、とくにヤバいのがこちら!

“中学生の時に母に、「お弁当のおかず、何がいい?」と聞かれ、「何でもいい」と答えたら、めっちゃ怒られた。「あなた、家族のお弁当を毎日1週間作ってみて」と言われて、作ることに”

本田家は体験型の教育方針だったらしいんですけど、これで毎日の食に感謝をするようになったっていうエピソード、もう完璧すぎじゃないですか? 全人類は本田家に修業に行ったらもう一生平和なのではないかと思いました。

そんな最高すぎる本田さん、今欲しいものは何?と聞かれたらー……

竹野内豊さんの低音ボイス。

むり〜〜〜!!! いくらお金払ってもそれだけは買ってあげられない〜〜〜!!!
貢ごうと思ったのに貢げない〜〜〜!!!!!!
課金先がなくてじれったくなるオタクの気分でした。本当にありがとうございました。

どれだけ流行っても着てほしくない服がある

「ar(アール)」4月号はファッション特集ということで、たくさんの洋服が紹介されていたのですが、個人的に絶対許せないファッションがあるので少し聞いてもらってもいいですか? それがコチラです。

ワンショル。

なんていうんですかね、オフショルはとても理解できるのですよ。わかりやすくセクシーですもん。オッケーオッケーってなります。でも、ワンショルって何? 男子が見てもファイナルファンタジーVIIのクラウドくらいしか浮かばなくない??

どれだけ流行りになったとしても、ワンショルだけは僕の好きな人に着てほしくないわ〜って個人的に(本当に個人的にです)思ってしまった次第です。

いや、ワンショルファンの皆さんそんなに怒らないでくださいよ。だって、見てください、ホラ。

これもうどっからどうやって着るのかサッパリわからんでしょ!!!!!

うちのおかんが見たら秒で布きんに使ってますよこのデザイン。オシャレの難易度上がってきてるわー大変だわーと思った次第でした。

 NEXT:あのモデルのショートヘアにメロメロ

ショートヘア女子isとても尊い

続いて紹介するのは、名スタイリスト・安藤真由美さんのファッション企画!

モデルは比留川 游さんだったのですが、、

めっちゃショートになってる〜〜〜!!!

前と比べて雰囲気が変わりすぎてて、「え! 誰この美人!」ってなったんですけど、まさかの比留川さんで死ぬほど驚きました。


ちなみにこちらが過去写真。これも可愛いけれど

ショートの破壊力〜〜〜!!!
素材の良さが1億倍活きてる気がする〜〜〜!!!!!

ちなみに男子の言う「ショートが好き」は、「ショートヘア自体が好き」なのではなくて「ショートヘア(が似合う女子)が好き」というえげつないトラップがあるのは言うまでもないかと思いますが、それでもこれから気候も暖かくなるし、気分転換したい人はぜひぜひショートヘアにチャレンジしてみてください〜! イメチェンするだけで落ちる男はいっぱいいるぞ〜〜〜!!!

 

ウエストポーチが流行るとか懐かしすぎる

最後に紹介するのは、ワンショルと同じファッション企画コーナーから抜粋したものなのですが、

この春、ウエストポーチがまた流行るらしいぞ〜〜〜!!!!

 

今年32歳を迎える完全昭和生まれのワタクシですが、僕が幼少期のころにウエストポーチ付けてたかんね! マジで!! あれからファッション一周(下手したら二周?)したんかい! と思うとゾッとしたのですが、

たしかに池田エライザさんも付けてたわ〜〜〜〜〜。

 

新宿に買い物に行ってみても、男女ともにウエストポーチや変型ポーチを付けているマネキンは多数見つけられたので、街で見かけたときに「うわっ! 古い!」と思わずに「ああ、アレね、最近流行ってるよね」くらいのドヤっぷりでいきましょう。

 

ちなみにこのことを知って、僕も実家にウエストポーチがなかったか電話をしてみたのですが、僕が持ってたウエストポーチは「けろけろけろっぴ」のイラストが描いてあるやつだったそうで、無事に爆死しましたありがとうございました。

 

おわりに

そんなかんじで、「ar(アール)」4月号のミドコロを非難覚悟で紹介させていただきました!

大好きなあの人に好かれたい!と奮闘している女子! がんばってー!!!

またね〜〜〜!!!

 

前編はコチラ

そもそも「ar(アール)」ってどんな雑誌?


「ar(アール)」のコンセプトは、「ひとりモテ」。「ひとりモテ」というのは「自分の好きな人にだけモテる」という意味なんですが、「ファッションもビューティーもヘアも、全部好きな人のためにがんばるよ!」っていう女子を応援するためのトータルコーディネート誌なのだそうです。何それかわいい。好き。

 

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた