“きんとくん”ともに行く!東浩子は地元の“勝”を背負って戦う(撮影:上山敬太)

写真拡大

<アクサレディス 事前情報◇22日◇UMKカントリークラブ(6,505ヤード・パー72)>

東浩子のキャディバッグについた金太郎のマスコット。その名も「きんとくん」。実は今、東は地元・岡山県勝田郡勝央町のPRに奔走している。「私の町は金太郎が祭られている神社もあって、金太郎が町のシンボルマークなんです」と自慢げにマスコットを見せてくれた。

百花繚乱!アクサレディス前夜祭で女子プロがドレスアップ
愛くるしい顔立ちに加え、金太郎のトレードマークである「金」の字が入った赤い腹掛けが印象的だが、さらに目を引くのが兜の前立てに使われている「勝」の文字。「地名に“勝”が2つ入っているので。縁起がいいですよね。今年から地元が町おこしに力を入れていて、ぜひ勝負に携わっている人にPRしてほしい、ということでお話を頂きました」。昨年は「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」での3位をはじめ、トップ10入りを4度記録。自身最高額の賞金3600万円あまりを稼いで賞金ランク33位に入るなど、昨年の活躍があってこその抜擢となった。「先週の月曜に撮影をして、4月からユーチューブで配信される地元のCMにも出演します」と、CMデビューも果たす。

「私が優勝すればもっと影響力も出ると思うので、私自身が頑張らないと!モチベーションも上がりますね」。生まれ故郷の「勝」を背負って、ツアー初優勝に突き進む!
<ゴルフ情報ALBA.Net>

セクシー写真ばかり集めちゃいました… 美女プロ見るならALBA写真館
初シード選手に聞く18のコト 東浩子「憧れの選手は大山志保さん」
ボビーもびっくり 東浩子“しーんぱーいない”1打で50万円ゲット!
難易度の低いパー5がカギ 地元のショットメーカーに初優勝の期待大【データ好き!記者Aの大胆予想】
2018年女子プロゴルファー契約先一覧