女優のグウィネス・パルトロウがプロデュースするライフスタイルメディア「GOOP(グープ)」。

「ヘルシー」をキーワードとした商品を販売したり、情報をシェアしたりと、健康志向の人たちに大人気。

そんな「GOOP」が、今年に入ってニューヨークで「In Goop Health」というヘルスサミットを開催したのですが、それがなんだかすごかったらしい。

今回は、実際に行った友人・サバンナのリポートを紹介します。

グウィネス・パルトロウが開催するヘルシーイベント。参加費はなんと最低7万円

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -

サバンナは、キャリア志向のニューヨーク女子。最近もヘッドハンティングで転職したばかり。ビジネスコンサルタント会社で活躍中です。

昔は平気でハンバーガーを食べていたアメリカンでしたが、5年ほど前から彼女はものすごくヘルシー志向になりました。

当時のボスの影響もあり、ますます"ニューヨーク流セレブ"なヘルシーライフにハマっていった彼女は、まさにGOOP信者。

あまりのストイックなヘルシー志向に、友人たちの間でも彼女のGOOP信者ぶりは有名です。

そんなサバンナが、今回「In Goop Health」というヘルシーサミットに払った参加費を聞いてびっくり。なんと650ドル。日本円で7万円ほどです。

でも、この値段で驚いてはいけません。

なんと650ドルのチケットはいちばん安い価格のもので、上には2000ドル(日本円で約22万円)、4500ドル(日本円で約50万円)のチケットがあるとのこと。

チケットにより、入れるエリアや受けられるサービスが違うそうで、いちばん高いチケットでは、送迎車やホテル宿泊付き、さらにグウィネスと直接話すことができるのだそう。

それにしても...高い!

美容やヘルシーフードを満喫できるブースがたくさん

「In Goop Health」の会場では、オイルマッサージやフェイシャルエステ、メイクアップといったさまざまな美容ブースや、ヨガなどのエクササイズブース、ヘルシーフードのブースを回ることができたようで、「650ドル分、楽しまなくちゃ!」と気合の入っていたサバンナは大満足な様子でした。

Tru Niagenさん(@truniagen)がシェアした投稿 -

さらに彼女の収穫は、ゲストに配られたお土産バッグ。「In Goop Health」のロゴ入りトートのなかに、スポンサーが提供したアイテムが盛りだくさん。

中身はチケットによってもらえる数や品が違うようですが、これだけのお土産を手に入れたら満足度も高いはず。

しかし、お土産だけでは物足らず、会場で販売している商品を購入する人たちで、ブースはあふれかえっていたそうです。

東京からも。会場に集まった世界中のヘルシー女子たち

今回2回目の開催となった「In Goop Health」。

トークショーのゲストも、女優のドリュー・バリモアやチェルシー・ハンドラーなど豪華。

会場には、サバンナのようなニューヨーク女子たちだけでなく、アメリカ各地、また他国からこの日のためにやってきたヘルシー女子たちでいっぱいだったようです。

「東京から来ていた人にも会ったわよ!」

とサバンナ。

さすが「GOOP」のイベントだけあって、ノーメイク、Tシャツにエクササイズパンツというナチュラルな服装の女子がたくさんいたようで、バーニーズで購入したワンピースで気合を入れたサバンナは、

「会場で浮いていたわ。もっとGOOPな服装にすればよかった」

と後悔していました。

今回のサミット後に、サバンナのヘルシー志向はさらにパワーアップ。

昼食のオーガニックビーガンフードに25ドルも費やす、まさに健康のためにはお金に糸目をつけない典型的なニューヨークヘルシー女子なのでした。

写真/gettyimages