川崎市の老人ホーム連続転落死 検察官や裁判官をいら立たせる釈明も

ざっくり言うと

  • 22日、川崎市の老人ホーム連続転落死事件の判決があり、被告は死刑となった
  • 自白から一変し、公判では「何もやっていません」と起訴内容を否認した
  • 「意味が分かりません」と繰り返し、検察官や裁判官をいら立たせる場面も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング