刺身用のイカをレアにボイルし、シソの酸味が効いたミソドレッシング(たれ)を添えたおつまみ。ニンニクやタマネギのうま味をたっぷり含んだ塩だれと、まろやかな味わいの白みそ、食欲をそそる酸味の赤しそふりかけをミックスしたドレッシングなら、おいしくないわけがない!このドレッシング、アスパラガスや菜の花、うどなどちょっとえぐみのある春野菜をつけて食べても美味!春の食卓で大活躍します。

しっかり食べて、季節の変わり目の不調を乗り切りましょう!

【ボイル・ド・イカ しそみそ風ドレッシング】

材料(1皿分)
・イカ(刺身用) 300〜500g

<A>
・白みそ  小さじ1
・塩だれ  小さじ1 ※タマネギドレッシングなどでも可。
・赤しそふりかけ(ゆかり) 小さじ1

作り方

1・小さな器に<A>の材料を全て入れ、よく混ぜておく。

白みそ:塩だれ:赤しそふりかけ=1:1:1が基本。

2・鍋に湯(300奸砲販鼠酒(小さじ1)を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にする。イカを加えて15秒茹でたら裏返してさらに15秒置いて、火を止める。イカを取り出し2cm角に切る。

刺身用を使うと便利。

3・皿に2を盛り付け、1を添える。

イカとドレッシングを和えれば、ご飯のおかずにもなる。



■賢人のまとめ
肝機能を高めるとされる、タウリンがたっぷり含まれるイカ。栄養豊富なうえ、高たんぱく低カロリーでダイエットの味方です。生でも食べられる刺身用のイカなら、さっと加熱するだけでいいので時短レシピ向きの食材。火を通しすぎると固くなってしまうので、レアな状態に仕上げるのがコツです。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。