気になる男性との初デート。デートができるだけでも、とっても嬉しいと感じるかもしれません。

しかし、大切なのは“きちんと次につなげること”。

初デートで嫌われるような行動を取ってしまったら、2回目のデートをしてもらえる確率はかなり低くなってしまうでしょう。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“初デートで絶対にやってはいけないこと”を、男性ライターの筆者がご紹介します。

 

■待ち合わせに「遅刻」する

待ち合わせ場所で、自分の到着を待っている女性の姿にキュンとする男性は多いようです。女性が早めに到着している時点で、自分とのデートを楽しみにしてくれている感じが伝わり、思わずテンションが上がるでしょう。

逆に遅刻をしてくる女性は、そこまで自分とのデートを重要視していないように思われてしまうかも。また、時間にルーズでだらしない印象を与えてしまう可能性もあります。たまにならまだしも、初デートでいきなり遅刻されたら、「そこまで俺のこと好きじゃないのかも」なんて思われてしまうかもしれませんよ。

 

■自分からは「話しかけない」

デートの際に最も大事になってくるのが“会話”です。会話が盛り上がらないと、一緒にいても重苦しい空気感になり、せっかくのデートがお互い苦痛なだけの時間になってしまう可能性が。そのため、特に初デートでは会話を楽しむよう心がけることが、成功の秘訣になるでしょう。

ただ、注意したいのが“自分からも話しかけるようにすること”。いつも男性に話しかけられるのを待っているだけだと、「俺には興味ないのかな」と思われてしまうかもしれません。初デートで、お互いにまだ知らないことも多いでしょうから、色々と質問して話を広げるようにしましょう。

 

■ちょこちょこ「スマホ」を触る

デート中にちょこちょこスマホを触られると、デートに集中していない感じがしますし、退屈なようにも見えてしまいます。なるべく男性の前ではスマホに触らず、男性が席を立った時や、デート中に必要な情報を調べる時にちょっと触るくらいに留めた方がいいでしょう。

また、SNSに夢中になるのも、男性にはあまりいい印象を与えないもの。SNSに載せるための写真を撮ることに必至だったら、SNSのためにデートをしているかのようにさえ見えてしまう可能性が。きちんと“ふたりの時間”を楽しむようにしないと、「またデートしたい」と思ってもらえなくなってしまうかも。

 

■色々と「文句」を言う

「あのお店、あまりおいしくなかったね」とか「人が多すぎて疲れた」などとデート中に文句ばかり言われたら、男性も一緒にいていい気分はしないはず。たとえ自分自身に文句を言われたわけではなくても、楽しい気持ちにはなれないでしょう。

特に、男性が選んだお店やデートコースに対して文句を言うのはNG。男性としては、自分のセンスを否定されたような気分になってしまうでしょう。悪い部分ではなくいい部分に目を向けるようにしないと、せっかくのデートがネガティブな印象で終わってしまうので注意が必要です。

 

初デートで印象が悪くなってしまうと、そこから先に発展させることはかなり難しくなるでしょう。今回ご紹介したような“やってはいけないこと”を心得てからデートに臨むと、次につなげることができるかもしれませんよ。

【画像】

※ Predrag Popovski/shutterstock

【関連記事】


(c)NOSH
出典: NOSH(ナッシュ)

【手相占い】「腹黒い人」に現れる相

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

2位はB型女子×O型男子!「仲良しカップル」になる血液型相性ランキング