画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは3月20日、ヤフーの100%子会社であるIDCフロンティアおよびファーストサーバの全株式をヤフーから取得すると発表した。

IDCフロンティアは、クラウド、ビッグデータ分析、ネットワークセキュリティ、ハウジングなどのITインフラを提供しており、データセンターを首都圏、東日本、西日本で展開。

ファーストサーバは、クラウドベースのホスティングサービスである「Zenlogic(ゼンロジック)」を開発し、主にIT専門部門やIT担当者を持たない中小企業のユーザーにサービスを提供している。

今回、ソフトバンクが両社の株式を取得することにより、3社は各社が持つサービス基盤を最大限に利用して、大企業から中小企業、個人事業主まで、多様なユーザーの幅広いニーズに応えるべく、クラウドコンピューティングサービスを充実していく考えだ。