画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ネットワークインフォメーションセンター(Japan Network Information Center -JPNIC)は年3月19日、「IPアドレス管理業務に関するJPNIC文書施行のお知らせ〜最後の/8在庫のIPv4アドレス移転受付中止、IPv6アドレス分配基準変更とポリシー策定プロセスの改定〜 - JPNIC」において、最後の/8在庫からの分配済みIPv4アドレス移転の受付中止について、JPNIC文書を改定して明確にしたと伝えた。

あわせて、IPv6アドレスの初期および追加割り振り基準の変更、JPNICにおけるIPアドレスポリシー策定プロセスの改定についても、変更した関連文書を同日から施行したと伝えた。

2018年3月19日から有効になったJPNIC文書は次のとおり。

JPNICにおけるアドレス空間管理ポリシー

JPNICにおけるIPv6アドレス割り振りおよび割り当てポリシー

IPv4アドレス移転申請手続き(JPNIC契約組織間の移転用)

IPv4アドレス移転申請手続き(JPNIC契約組織から移転対象レジストリ契約組織への移転用)

JPNICにおけるIPアドレスポリシー策定プロセス

上記JPNIC文書の変更内容は「2018年3月19日から有効となったJPNIC公開文書」にまとまっている。

JPNICは2018年2月19日の時点で、2018年3月19日から今回の文書改定の実施を予告していた。今回変更された文書の内容は「IPアドレス管理業務に関するJPNIC文書公開のお知らせ 〜最後の/8在庫のIPv4アドレス移転受付中止、 IPv6アドレス分配基準変更とポリシー策定プロセスの改定〜」でも知ることができる。