福山哲郎・立憲民主党幹事長

写真拡大

昨年10月の総選挙では、民進党から分かれた立憲民主党が躍進した。その後、民進党を中心に、野党の統一会派結成が模索されたが、不調に終わった。「小党分立」のままでは政権交代の道は険しい。その壁を、立憲民主党は突破できるのか。ノンフィクション作家の塩田潮氏が立憲民主党の福山哲郎幹事長に聞いた――。(前編、全2回)

■「新党がないと選挙に出られない」

【塩田潮】昨年10月、総選挙を前に、民進党が分裂し、希望の党への合流を目指す動きが表面化する一方、立憲民主党が結成されました。中心人物だった福山さんは代表に就任する枝野幸男元官房長官を支える幹事長となりますが、結党にどう関わったのでしょうか。

【福山哲郎・立憲民主党幹事長】総選挙の実施が決まって、いろいろな動きがありましたが、私は参議院議員で、選挙があるわけではないので、口を挟むのは控えようと決めていた。民進党の両院議員総会で、前原誠司さん(当時、民進党代表)が、2015年に成立した「安保法制は違憲。安倍政権に対峙するために全員で希望の党へ」という旨のあいさつをした。それは一つの決断だなと判断し、あのときは何の異論も挟まずに了解しました。

前原さんとは、自民党と共産党が強い京都で二十数年、新党さきがけ時代から、活動を共にしてきた同志です。一方、枝野さんとも、2000年初頭に政治資金の公開問題で、党を超えて枝野さんを含む4人で雑誌論文を書いたことがあり、その頃から関係が深くなりました。論客で、あこがれを持っていた。11年に東日本大震災が起こったとき、菅直人内閣の官房長官と官房副長官で、共にあの震災に向き合った。枝野さんとも同志です。

あの両議院総会の後も、民進党の代表代行だった枝野さんと「仕方ないですね、これも一つの選択ですかね」という話をしていた。ところが、小池百合子さん(東京都知事)の口から「排除」「全員なんて、さらさらない」という言葉が出て、「排除リスト」や「誓約書」の話が出回り、当初の話と違うということになった。

希望の党への移行を準備していた人の中で現職と新人を合わせて100人以上が排除される可能性が出てきた。加えて誓約書の中に安保法制に賛同するような文言が入っていた。そういう状況で、「枝野、立て」という声がネット上で上がり、候補者の中からも「新党をつくってもらえないと選挙に出られない」という声があちこちから上がりました。

■私は「希望の党には行かない」と伝えた

【塩田】総選挙の公示日の10月10日まで、時間が切迫していたのでは。

【福山】公示日まで2週間もなかったので、連日、枝野さん、長妻昭さん(立憲民主党代表代行兼政調会長)、辻元清美さん(立憲民主党国対委員長)と話をして、まず民進党で出る可能性はないかどうか探りましたが、前原さんを通じて、それはないと言われた。そうすると、新党しかないわけです。お金もない、候補者がどの程度くるかも分からない、どういう構図の選挙になるかも分からないという状況で、枝野さんも随分、悩まれた。

私は15年の9月19日、安保法制の強行採決の後、小雨のなか深夜まで数千人もの人たちが国会の前に集まって安保法制反対の声を上げている前で、「立憲主義、民主主義を取り戻す闘いをここからスタートさせる」と言った。それから2年が経過して、将来的に「希望の党に行け」と言われても、「安保法制に賛同しろ」と言う党には行けないことは自明だった。私は「希望の党には行かない」と言い、枝野さんと2人でずっと話をしました。

10月1日の夜中の12時前後に、どうしようかということになった。新党の届け出、選挙の準備、候補者の確認、金の用意などを考えると、公示日から逆算して2日までに決めないと物理的に間に合わない。1日の夜中にぎりぎりのところで、まず枝野さん、長妻さん、辻元さんと話し合い、その後で枝野さんと2人で議員会館とは別の場所で話をした。

「枝野さんは無所属で出ても勝つでしょう。でも、選挙区を追われそうになっている候補者の『枝野、立て』という悲鳴に応えなければ、政治家として難しい局面が出てくるのでは」と申し上げた。「本当にこの数時間です」と言ったら、枝野さんは「相談したい人がいるし、少しゆっくり考えたいから、一晩待ってくれ」と言った。

「やる」と言われたとき、ポスターなどに使うロゴが間に合わないので、私は午前3時か4時に、知り合いを通じてデザイナーに発注した。党名が決まっていないので、民主党、立憲民主党、新民主党などの候補名を投げて、午前中にロゴを、と勝手にお願いをした。

次の日の朝8時過ぎに枝野さんに会った。「やろう」「やらなければ」と言った。「相談した人はどうだったんですか」と尋ねたら、「みんなに反対された」と言っていましたが、相談したのはその前で、その晩は相談していなかったみたいです。

■共産党の候補者擁立断念の決断を評価したい

【塩田】党名の立憲民主党は枝野さんが決めたのですか。

【福山】「党名は」と言ったら、枝野さんが明確に「立憲民主党で」と。2日の午前中にロゴマークが上がってきた。夕方5時から枝野さんが一人で記者会見した。非常に能力の高い人だから、自分で組み立てて、一人の会見を2回やった。

候補者の選定、公認作業、政策の立案、役員人事などが待ち受けていましたが、衆議院議員はみんな選挙区に戻らなければならないので、党務や選挙の準備ができない。10月4日の夜に、枝野さんは私に「前原さんとの関係もあるので、離党してうちに来てくれとは、僕の口からは言えない」と言う。私は「それだけで十分です。どうせ私は希望にはいかないので、もう離党します。お世話になります」と言って5日に離党届を出しました。

【塩田】総選挙では、立憲民主党は社民党や共産党とはどういう関係だったのですか。

【福山】市民連合の要望を、社民党、民進党、自由党、共産党とともに受けた形です。

その中で、共産党が16年の参院選と同様に、候補者を降ろすと判断した。一方で、共産党は希望の党の候補が出た選挙区でも候補を降ろした。全部が全部、立憲民主党とだけというわけではありません。希望の党は、自分のところで共産党が擁立しなかったとは言わないけど、安倍政権に対峙するために野党は一本化したほうがいいという流れの中で、共産党が擁立を断念した。これは非常に大きな判断で、私は評価したいと思います。

ですが、共産党が候補を立てた選挙区で、立憲民主党とぶつかったところも20あります。東京の僅差で負けた選挙区など、共産党の候補がいたから議席が取れなかったところがいくつもある。そこは選挙区ごとの判断だったと思います。

われわれは両院議員総会まで民進党にいた人たちの選挙区には候補者は立てなかった。小選挙区で立憲民主党と希望の党は、もともとのチャーターメンバーか、うちとは関係ない人が出たところではぶつかりましたが、それ以外はぶつかっていない。

候補者の数は希望の党の候補が235人、立憲民主党は78人で、圧倒的に自民党と希望の党と共産党が戦うという構造の小選挙区が多かった。結果から見ると、希望の党があまりにも及ばなかった。これが自民党大勝の原因です。

■参院選の1人区では野党は連携をせざるを得ない

【塩田】今後は共産党とはどういう関係を。

【福山】同じですね。参院選の1人区では、野党は連携をせざるを得ない。16年の参院選も同じで、11議席取れた。1人区は候補者を一本化したことで僅差で勝ったわけです。共産党というよりも、自由、社民、民進も、1人区の戦い方は一本化すべきと考えています。複数区に関しては、総選挙で5人も衆議院議員が誕生した大阪では、間違いなく立憲民主党として候補を立てなければいけない。5人区の東京もそうです。

【塩田】総選挙となって、野党再編を目指して希望の党との合流を決めた前原さんは、結果的に選挙は不振でしたが、インタビューで「あの決断に悔いはない」と言っています。この選択をどう受け止めていますか。

【福山】結果として立憲民主党ができました。前原さんの決断の結果、国民の期待をいただく野党側の政党の核が一つできたのはよかった。一方で、仲間が別れた。その点では、可能性としてほかのやり方もあったかもしれないと思う。これからそれぞれの政治家がどういう歩みをするかによって、後世の人たちに評価してもらうしかないと思います。

【塩田】国会の開会前、民進党を中心に、野党の統一会派結成の話がありましたが、不調に終わりました。立憲民主党は国会での共闘や統一会派問題にどんな方針で臨みますか。

【福山】希望の党とは、理念、政策が異なるということで選挙を戦ったので、選挙後わずか3カ月で希望の党全体と一緒になるのは考えられないと思います。選挙であれだけの支援をいただいた国民の期待があります。急に統一会派といわれても、それは無理です。

国会での共闘は、安倍政権に対峙する一番の戦場ですから、野党が共闘できるところは当然、共闘すればいい。森友・加計問題含めた安倍政権のスキャンダル、さらには働き方改革など、課題ごとにきちんと連携すればいい。そこははっきりしています。

われわれは今回、本当に国民のみなさんに救っていただいた集団です。昨年の年末までに綱領も確定し、基本政策も策定した。党員に代わる立憲パートナーズという新しい制度も準備して、春ごろには国民に広く呼びかけたいと考えています。民進党のみなさんは、一緒にやってきた仲間で、信頼関係はあるので、コミュニケーションを図りたいと思いますが、われわれは民進党から分かれたといっても、新しい政党として、政策決定も含めて党のあり方を模索しながら国民とつながっていきたいということです。

----------

福山哲郎(ふくやま・てつろう)
立憲民主党幹事長。参議院議員。
1962(昭和37)年東京生まれ(現在56歳)。京都府立嵯峨野高校、同志社大学法学部法律学科卒。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。86年に大和証券に入社。90年に松下政経塾に入塾。96年の総選挙に出馬して落選(京都1区。民主党公認)。98年の参院選で初当選(現在、4期目)。旧民主党に入党し、民主党政権誕生後、2009年に鳩山由紀夫内閣の外務副大臣、10年に菅直人内閣の官房副長官となる。野党転落後、民主党の政調会長、民進党の幹事長代理を歴任。17年に立憲民主党に入党して幹事長となる。趣味は茶道、野球、書道。俳優の福山俊朗は弟。著書は『原発危機 官邸からの証言』(ちくま新書)など。

----------

(作家・評論家 塩田 潮 撮影=尾崎三朗)