「毛髪」で健康状態がわかる仕組み(画像提供=毛髪診断コンソーシアム)

写真拡大

毛髪を使った世界初の「健康診断」が、日本のコンビニで始まるかもしれない。ヤフーやアデランス、理化学研究所などが毛髪診断のビジネスを進めるコンソーシアムを設立した。5分、数千円程度の診断で、がんや生活習慣病の予兆がわかるという。取り組みの詳細をリポートしよう――。

■毛髪を使った「非侵襲型」の診断システム

毛髪を使った世界初の「健康診断」が、日本のコンビニで始まるかもしれない。

昨年12月、ヤフーやアデランス、京セラ、島津製作所、三井物産、理化学研究所など18法人が「毛髪診断コンソーシアム」の設立を発表した。代表法人は理研発のベンチャー「オーガンテクノロジーズ」。目的は、毛髪を使った「非侵襲型」の診断システムを世界に先駆けて確立することだ。

なぜ毛髪で健康状態がわかるのだろうか。毛髪とは、毛母細胞が集まった、いわば細胞標本。細胞が死ぬと、その時点で細胞内にある物質は固定され、それ以降は代謝が起こらない。そのため毛髪には、毛母細胞が生きていた時点での情報が、そのまま保存される。

毛髪は1カ月に約1cm伸びる。だから根本から12cm先の毛髪には、1年前の健康情報が残されている。そのため毛髪は、長期間の過去の情報を持つ生体で数少ない記憶媒体なのだ。

法医学の分野では、すでに毛髪に記録された情報を利用している。毛髪に含まれる薬物成分や麻薬代謝物などを高感度に検出する方法が確立されており、鑑定結果として裁判の証拠として採用されているのだ。こうした毛髪の組成分析をより高感度で行うことができれば、さまざまな健康情報も得られる。

これまで健康診断では、血液や生体組織の採取など痛みを伴う「侵襲型」と、尿検査や血圧などの「非侵襲型」が利用されてきた。

ただこれらの検査では、一日のうちでも飲食や運動などに影響を受けるため、時間によって変化する日内変動が課題とされる。採血のタイミングによっては健康状態を正確に反映しているとは限らないのだ。また自分では健康と考えていても疾病は徐々に進行しており、検査数値が規準値を超えたときに異常、すなわち疾病と診断される。異常値を示さない限り、疾病とはみなされない。

これに対して、毛髪は過去情報が記録された細胞標本であるため、身体の変化を時系列で追いかけることができる。疾病と診断されるまでの身体の異変を組成分析によって早期発見できる可能性がある。毛髪診断は、最近、医学会で注目されている「先制医療」を実現する重要なツールともなりうるのだ。

■「毛髪から健康状態を知り、疾病を早期発見する」

毛髪から得られる健康データは、実に多種多様である。毛幹の組成分析からは、ミネラル、タンパク質、脂質、ホルモン、色素、薬物などの状態がわかる。遺伝子関連では、ゲノムとmRNAに関するデータ入手の可能性もある。こうした成分情報に加えて、毛髪の形態や色なども健康状態やエイジング、また髪のダメージなど身近なヘルスケア情報を知る指標となる。「毛髪診断コンソーシアム」は、以下の表に示す項目の分析を計画している。

これまでの研究から毛髪の組成分析によりいくつかの疾病との関連が報告されている。特定のがんではヨウ素の蓄積量が毛髪で増える。肝がんでは、毛髪に含まれるカルシウムや銅、鉄などの蓄積量が増える。乳がんでは、乳がんを発症する前に血中カルシウム濃度が下がり、毛髪にカルシウムが異常蓄積する。そのため、乳がんでは「ステージ0」での早期発見も期待されている。生活習慣病関連では、糖尿病患者において特定のアミノ酸が毛髪中に多くなることがわかっている。

理化学研究所 多細胞システム形成研究センターの辻孝氏は、「様々な疾患の早期発見に応用できる可能性がある」と話す。

「毛髪データを大量に集めていけば、がんや生活習慣病だけでなく、さらに多くの疾患診断の可能性があります。その鍵となるのが毛髪の組成と疾患を診断するためのマーカーの発見です。日本人の死因でがんに次ぐ心不全での心筋壊死の早期発見や、認知症の要因とされるアミロイドβタンパク質に関する代謝物、精神性疾患などの特異的なマーカーなども特定できれば、将来、様々な疾患の早期診断に応用することが期待できます。そのためにも毛髪から得られる情報を取得するシステムや組成分析の高感度化、マーカー探索が課題です」

■1万人規模のデータベースを構築予定

コンソーシアムでは、今後2年程度をかけて、個人のアンケート情報や毛髪の形態、組成など健康情報を取得し、1万人規模のデータベースを構築する。これから毛髪診断の規準となるここでは理化学研究所が科学ハブとして民間企業群の研究開発に中心的な役割を果たす。辻氏は「1万人分あれば、性別や年齢、地域別などの基本的な属性において、日本人を網羅的に捉えたデータベースとなります」と説明する。

毛髪診断による個人向けのサービスは、まず健康維持に向けたサービスから始まる。毛髪のダメージに代表されるヘアケアの提案をはじめ健康情報の提供、食生活のアドバイス、サプリメントなど機能性食品のアドバイス、生活習慣の改善アドバイスなどが行われる予定だという。参加企業は、それぞれの得意分野で製品やサービスの開発に取り組む。

毛髪の画像診断は、すでに専用の機器の開発が進んでおり、将来はスマホアプリで可能にすることも目指す。毛髪の組成分析についても、コンビニや薬店などに分析装置を設置して5分程度で結果を出すことも技術的には可能性があるという。画像診断の費用は数百円程度、組成分析は数千円程度が目標だという。

さらに5年後までをメドとして、科学的な指標に基づいた疾病の早期診断を、在宅やコンビニなど身近な店舗で可能とするスマート社会の実現を目指している。実現に向けての課題は少なくない。ひとつは治験だ。毛髪診断を医療向け健康診断システムとして実用化するためには、科学的エビデンスに基づいた規制当局の認可が必要となる。認可には大規模な疫学研究による時間が必要であり、さらに社会が毛髪診断を受け入れるかが焦点になる。

毛髪から得られる健康情報による健康維持や未病化、疾患の早期診断によるスマート社会の実現。日本の医療費は増え続けており、国民医療費抑制や社会保障費の充実は日本の未来に関わる大きな課題だ。毛髪診断はその解決策の切り札として日本発の新たな診断システムとしての産業化への期待も高まる。今後の展開に注目が集まる。

(ライター 竹林 篤実)