ゴーン会長(左)と益子修CEO

写真拡大

 三菱商事は21日、三菱自動車株式に対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。三菱商事の出資比率(議決権ベース)は9・24%から20・0%となり、三菱自は三菱商事の持ち分法適用会社となる。TOBは2月21日から今月20日まで実施。主に三菱重工業と三菱東京UFJ銀行から株式を買い付け、取得額は約1200億円。TOB後も三菱自の東証1部上場は維持される見通し。