ここ最近、うまくいっていたことが急にうまくいかなくなって、落ちこんでいる……なんてことはありませんか? そんな時は、手相を見てみましょう。もしかしたら、あなたの手に“行き詰まり”を表すサインが刻まれているのかも。


出典:NOSH

そこで今回は、占い師の筆者が、手相における“スランプに陥っているサイン”をご紹介いたします。

 

■1:手のひら中央で運命線が終わる…スランプに陥ることを表す相

運命線が手のひらの途中で止まっている手相は、“スランプに陥っていること”を表しています。仕事や恋愛がうまくいかずに再度トライすることを迫られる、または人の助けがないと失敗してしまいそうな予感が。しばらくは、不調が続いて行動がストップしてしまうかもしれません。しかし、何事も積極的に取り組む姿勢や強い意志を持ち続けることで、いずれ運気は変わっていくはずです。

 

■2:運命線がギザギザで中指下に不規則な縦線…運気停滞中でじっとガマンの相

運命線の一部が、ノコギリの刃のようにギザギザになっている場合は、運気が停滞しているサイン。焦ったりもがいたりしても、なかなかうまくいかないかもしれません。大きな行動は慎んで、苦しくてもじっとガマン。運気がよくなるのを待ちましょう。また、中指下部に広がる“土星丘”に不規則な縦線が数本刻まれている場合は、運気がさらに不安定になっている状態を表しています。まずは気持ちを落ち着かせることが肝心です。

 

■3:運命線の先端に細かい横線が数本ある…物事が空回りしやすい状態にある相

運命線の先端あたり、中指下部に広がる“土星丘”に運命線をさえぎるような横線が数本出ている場合は、運気が滞っていることを意味します。何をしてもうまくいかず、スランプを脱出しようとあれこれ画策しても空回りに終わってしまいそう。この横線が出ているうちは焦らず、“充電期間”だと考えるようにしましょう。横線が消えれば、物事も順調に動き始めるはずですから。

 

■4:「太陽線」の線上に島紋や格子紋が出ている…行き詰まりを感じ追い込まれる相

薬指の付け根に向かって伸びる“太陽線”に“島紋”があるのは、行き詰まりを感じている状態にあることを意味します。その原因は、ほかの線とあわせて判断するといいでしょう。たとえば、生命線が弱かったり途切れていたりすれば、病気が理由かも……。また、生命線上に四角形の“格子紋”が出ていれば、非難を受けて立場が危うくなるサイン。ただ、反論せず反省すれば、大きな問題にはならずに済むはず。

 

スランプに陥るというのは、ある意味“気づき”のサインでもあります。今のやり方を続けていてもうまくいかないよ、と教えてくれているのです。そんな時は、暮らしの中に“変化”を取り入れてみましょう。いつもと違う道で帰宅する、会社まで少し歩いてみる。そんな何気ない変化でも、スランプ脱出のためのヒントが隠されているかもしれませんよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


(c)NOSH
出典: NOSH(ナッシュ)

【手相占い】「腹黒い人」に現れる相

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

2位はB型女子×O型男子!「仲良しカップル」になる血液型相性ランキング