草剛、宮沢りえ、本木雅弘が共演する「伊右衛門」新CMが感慨深い件 / 「大変ですよね、生きるって。傷つけたり、傷ついたり」

写真拡大

本木雅弘さんと宮沢りえさんが夫婦役を演じるサントリー緑茶「伊右衛門」CMシリーズに、草磲剛さんが登場。2018年3月18日より、テレビ放映が開始されています。

江戸時代に「こころの茶屋」を営む伊右衛門夫妻のもとへ、現代に生きる草磲さんがタイムスリップ。 “こころにざわつき” を抱えた人が、茶屋のお茶を飲むことでホッと心が軽くなり、新たな決意で戻っていく……といった内容となっているんです。

草磲さんと本木さんはかつてジャニーズ事務所に所属していた者同士、そして宮沢さんは、現在ジャニーズ事務所に所属する森田剛さんと結婚したばかり。なんだかそんなつもりはなくても、いろいろ考えちゃうキャスティングですよね……!

【色んなバージョンが公開されています】

草磲さんが出演する新CM「こころの茶屋」篇は、3月20日にリニューアル発売されたばかりの「伊右衛門」にちなんで作られたもの。

YouTubeにはネット限定&60秒の「こころの茶屋 ティザー / 歌」篇のほか、30秒の「歌」篇、「歌 特別」篇、そして「足しびれ」篇の3本が公開されています。

【どんなストーリーなの?】

「こころの茶屋 ティザー / 歌」篇の冒頭、ラフな格好で江戸の町にふらりと現れた草磲さんは、困ったような疲れたような表情。スマホに浮かび上がる「圏外」の表示を見て途方に暮れていると、ふと一軒の茶屋があることに気がつくんです。

そこは伊右衛門夫妻が営む茶屋。「おこしやす」と迎え入れてくれた宮沢さんの顔を見るなり、草磲さんは一気に柔らかな顔つきへと様がわり。「来たかったんです、この茶屋に」と告げて、お店の中へと足を踏み入れました。

【このセリフってもしや…】

「大変ですよね、生きるって。傷つけたり、傷ついたり」とこぼす草磲さんに、宮沢さんは「お茶はもまれて、傷がついて、ええ味が出るんですって」と返します。

コレCMの中のセリフでしかないはずなのに、現実世界の草磲さんが置かれていた状況とあまりにリンクしすぎていて、一瞬CMであることを忘れてしまいそうっ。ここ2〜3年、散々もまれて傷ついてきたであろう草磲さんが言うからこそ、ずっしりとした重みと深みを感じる一言です。

【癒し効果がスゴイ】

宮沢さんの言葉を受けて、お茶を飲みながら「ええ味かぁ」とつぶやいた草磲さんの表情は柔らかくて優しくって、このうえない解放感に満ちていました。

CM撮影を終えた本木さんは、記者発表会の席で「癒されに来たはずの草磲さんに、わたしたち2人が逆に癒されました。草磲さんにはそういう魅力があります」とコメントしています。

CMを観ればスグ本木さんの言う “癒しパワー” を実感できますので、さっそくご覧になってみてください♪

参照元:プレスリリース、サントリー緑茶 伊右衛門、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る